Archive for 2009年 7月

市議会常任委員会で所管調査

教務厚生常任委員会で小野保育園・東中学校・介護老人保健施設鬼石を視察

 

 委員長を務めさせていただいている教務厚生常任委員会で、所管事務調査を行いました。所管事務調査とは、委員会で担当している部署や施設、事業などの市内視察が中心です。今回は小野保育園で公立保育園の現状について、東中学校で耐震補強・大規模改修について、介護老人保健施設鬼石で、施設の現状についての調査を行いました。

 

 小野保育園では園長先生はじめ職員の努力と、地域の皆様の協力で工夫して保育に当たっている様子に感心しました。また検討が始まっている民営化について質疑が行われ、有意義な意見交換ができました。もちろん市民の皆様の税金で運営している以上、費用の問題は大切です。しかし障がい児保育など民間では対応しきれない問題もあり、公立の必要性は大きなものがあります。十分な論議が必要です。

 

 東中学校では、工事の終わった普通教室棟と、工事中の特別教室棟を同時に見ることができました。見違えるようにきれいになった教室と、バリアフリーに配慮されたトイレに感心しました。耐震用の鉄骨ブレース(補強用の鉄骨製の筋交い)は無骨な感じで、若干採光や通風の妨げになりそうですが、その分安心感がありました。しかし校長先生から要望があったように、エレベーター代わりに設置された階段昇降機は非常に使い勝手が悪そうでした。やはり今後の改修には、何とか工夫してエレベーターを設置するべきではないかと思います。

 

 介護老人保健施設鬼石では、施設長さんに「議員の視察は初めてのこと」と感謝されました。施設の現状や増床計画について伺った後、施設内を見学させていただきました。私は前職でよく介護施設に出入りしていたのですが、委員さんの中には初めての方もいて、ここを視察場所に選んでよかったと思いました。やはり議員が現場を知っていることがとても大切です。改めて現場主義の重要性を感じました。

藤岡市防災訓練行われる

安心安全な藤岡へ関係機関と連携し、住民参加の防災訓練を実施

 

 藤岡市単独の防災訓練が行われ、出席させていただきました。午前8時半の開会式に合わせて、会場の市役所へ到着しましたが、すでに消防署・消防団はじめ参加機関に方々が、きびきびと動き、準備に当たっていました。

 

 訓練は早朝6時の災害警戒本部設置に始まり、6時半には職員への伝達・登庁訓練と続いて、市役所敷地での風水害訓練、震災訓練が行われました。また市内では3地区で住民の避難訓練が行われ、実際に開設された避難所に非難していただくという、実践的な訓練も行われました。
 

 市役所敷地では、土嚢訓練、給水活動、消火訓練などが繰り広げられました。圧巻は藤岡消防署の皆さんによる救出訓練で、はしご車による高所からの救出、またけが人を2階からロープとワイヤーでラインをつくり救出する訓練では、レスキュー隊の皆さんの高い錬度が伺われ、日々のたゆまぬ訓練の成果に感動すら覚えました。
 

 私も何か訓練に参加させていただこうと、救急救命コーナーにて、我が藤岡市消防団が誇る、女性消防分団である、第10分団「藤岡フレイムス」の皆さんに心肺蘇生法とAEDの操作を教えていただきました。
 天災は忘れた頃にやってくると申しますが、ニュースでは山口、九州での災害が連日報道されており、政治・行政に携わるものの一人として、他人事とは思えません。これからも安心安全な街づくりのために、しっかりと取り組んでまいります。

藤岡まつり始まる

元気な藤岡へ市民の力を結集

 

 今年も暑い夏とともに、藤岡まつりがスタートしました。午後3時からのオープニングパレードに続き、子ども神輿、婦人会の踊り、大人神輿とどんどんヒートアップした一日でした。明日も、皆様、ぜひ藤岡まつりにお越しください。
群銀駐車場では、私が提案させていただいた「定額給付金記念セールの大抽選会が行われました。終始行列が途切れず、大盛況でした。私も抽選券を握り締めて行列に並び、やっとたどり着いた抽選では、残念ながら全て外れでした。大変なご苦労で事業に取り組んでいただいた関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。

前橋で公明党時局講演会

前橋市民文化会館で斉藤環境相が講演

 

 一昨日の高崎に続いて、前橋でも時局講演会が開催され、我が公明党の斉藤環境大臣の講演がありました。公明党がリードして進めてきた環境政策を、分かりやすく訴えた講演は大好評で、すばらしい会合となりました。この勢いで、公明党の実績と政策を訴え、衆院選の大勝利目指して頑張ってまいります。

高崎で公明党時局講演会

高崎音楽センターで、長沢氏が講演

 

 次期衆院選に向けて、公明党時局講演会が高崎市の音楽センターで開催され、役員として出席して参りました。場内整理役員としてお席の案内をさせていただきましたが、多くの藤岡の方にお会いすることができました。本当にありがとうございました。
公明党の北関東比例区予定候補である長沢さんは、大変な苦労人で、庶民の心の分かる政治家です。私も全力で応援してまいります。

公明党、東京都議選で勝利!衆院選に向けて遊説開始

 東京都議選勝利に御礼申し上げます。

 昨日投開票が行われた東京都議選において、我が公明党は23名全員当選という大勝利を収めることができました。党員・支持者・支援団体の皆様に、心より御礼申し上げます。
 

 報道では、「自民・公明過半数ならず敗北」と書かれていますが、どうしても民主党の勝利をことさらに強調して、政権交代のイメージを植えつけようという意図が透けて見えます。「公明党は公明党らしく」働いてきた結果が、民主党を名乗っていれば誰でもいいという、民主党への大暴風の中で公明党が勝ち残った要因だと思います。もちろん支持者の皆様の血のにじむような努力の賜物であることは言うまでもありません。本当にありがとうございました。
 

 さあ、早速気持ちを切り替えて、今日よりは、衆院選に向けての活動です。午前10時より午後3時まで、同僚の斉藤議員、玉村町の寺田議員と一緒に、藤岡市・玉村町を遊説してまいりました。公明党の政策・実績をしっかり訴えていくことが大切です。街頭での活動とともに、一対一の対話も頑張ってまいります。

 夜は市の地区別座談会に出席。これは、市長が就任以来続けている市民との対話行事で、市内の地区別に行われていますが、今日の藤岡地区が今年最後の開催となります。多くの意見・質問。要望が出され、有意義な会合となりました。
出席者の多くは、各行政区の区長さん・区長代理さんなのですが、個別の要望を担当課に提出することはあっても、市長のいる前で直接話すことができる機会はなかなか無いので、こういった座談会は意義があると考えます。もっと一般市民の参加が増えれば、さらに良い会合になると思います。

ごみ指定袋「小」が販売開始

昨年9月議会での提案が実現

 

 

 7月1日の広報ふじおかに、家庭用ごみ指定袋の「大」「中」に追加して「小」袋の販売が始まることについての記事が掲載されました。これは私の昨年9月議会での提案が実現したものですが、あるご婦人が要望を市議会公明党に寄せてくださったことを契機に、調査・研究して質問させていただきました。

 小袋の利用により、家庭でのごみ減量化と再資源化を促進するとともに、高齢者に使いやすいごみ袋となります。また、ごみの量が少ない時や、逆に大きなごみ袋に入りきらなかった時などにあわせて使えば、袋を無駄にせずにすみます。まだあまり出回っていないようですが、お店で見かけたときはぜひ手にとっていただき、御家庭で工夫してご利用いただければと思います。

 価格は、参考価格で68円(消費税別)で10枚入りです。オープン価格となっていますので、価格はお店により異なります。

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp