ぐんまちゃん家に行ってきました

東京銀座のぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家(ち)」を訪問しました

 

 党務で東京に行き、良い機会と思い以前から行ってみたいと思っていた「ぐんまちゃん家」ぐんま総合情報センターに行ってきました。ぐんまちゃん家は銀座の歌舞伎座のまん前で、群馬県の情報を東京に発信しています。突然伺ったにもかかわらず、観光部長の宮崎信雄さんが親切に対応してくださいました。宮崎さんは四万温泉協会の事務局長として活躍した手腕を見込まれ、県がぐんまちゃん家の物産担当にスカウトした方です。同協会時代は、マスコミ対応の巧みさと人脈の広さで知られ、テレビのバラエティーや旅行番組の誘致、雑誌の温泉特集などをいくつも実現されました。2005年放映のNHK連続テレビ小説「ファイト」は、四万でもロケが行われましたが、その発表後、「なぜ四万を選んだのか」という住民の問いに、チーフプロデューサーが「宮崎さんがいたから」と答えたという逸話の持ち主です。

 

 ぐんまちゃん家は他県のアンテナショップとは一線を画し、群馬の情報を東京に発信することを主目的にしており、「コミュニケーションショップ」としてマスコミや旅行会社への観光情報の提供や、企業誘致の情報などの提供を行っています。言わば群馬の「営業所」のような所と言ったらよいでしょうか。ですから物産品の販売コーナーはちょっと狭いです。

 

 ここの施設面の最大の特徴は、2階のイベントスペースです。ここは県内の自治体や各種団体が無料でイベントを開くことができるフロアになっていますが、イベントのないときは、休憩スペースとして開放されています。桐生市などは毎月のように物産即売会を実施しているそうです。藤岡市でも、効果的なイベントを開けないか研究していきたいと思います。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp