Archive for 2009年 5月

臨時議会と委員会の審議に出席

 午前:藤岡市議会の第4回臨時会が開かれました。
 午後:教務厚生常任委員会が開かれ、委員長として初めての審議に臨みました。

 

 本日、藤岡市議会の第4回臨時会が開かれました。藤岡市も先日の人事院勧告に従い、議員、市長ほかの特別職、職員の夏のボーナスを0.2か月分カットすることになりました。議員・特別職は当然と思いますが、日ごろ頑張っていただいている職員の皆さんには気の毒な思いもあります。それは藤岡市の職員給与は国家公務員や他の自治体に比べて、低い水準に抑えられているからです。しかし今回の比較の対象は公務員同士ではなく、民間のボーナスです。新聞で報道されたとおり、県内の民間のボーナスはかなり厳しい見通しですので、今回のボーナスカットは正しい選択だと思っています。民間は給与を含め、さらに厳しい状況にある方も多いのですから。

 

 この状況で、政治の責任として景気対策と生活支援が求められています。議員として政策提案し、藤岡のまちづくりと市民生活の支援に取り組むことで、市民にも職員にも安心して働き、暮らしやすい藤岡市をつくっていかなければならないと、改めて決意しました。

 

 午後は教務厚生常任委員会が開かれ、委員長として初めての審議に臨みました。この委員会の所管は、保健、福祉、医療、環境、教育と市民生活の最前線に直結した分野を担っています。円滑な議事運営に全力で取り組み、責任を果たしてまいります。

障がい者スポーツ大会

第34回藤岡市障がい者スポーツ大会開催

 

 藤岡市障がい者スポーツ大会が藤岡第一小学校で開催され、お招きいただき、出席してまいりました。あいにくの雨模様で、予定されていた第一小の新6年生によるマーチングバンドの先導による入場行進がなくなるなど、一部を変更した雨天時用のプログラムによる、体育館内での開催となりました。しかし天気に負けない明るい声が場内に響き、活気のある大会でした。

 

 障がいがあるから不幸なのではなく、障がいに負けることが不幸なのだと思います。今日参加されていた皆さんは、障がいに負けることなく、明るくはつらつと競技に参加していました。健常者の一人として、障がい者の皆さんをサポートしていきたいと思います。そして政治に携わるものの一人として障がい者福祉と、雇用問題など自立支援に取り組んでまいります。

ぐんまちゃん家に行ってきました

東京銀座のぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家(ち)」を訪問しました

 

 党務で東京に行き、良い機会と思い以前から行ってみたいと思っていた「ぐんまちゃん家」ぐんま総合情報センターに行ってきました。ぐんまちゃん家は銀座の歌舞伎座のまん前で、群馬県の情報を東京に発信しています。突然伺ったにもかかわらず、観光部長の宮崎信雄さんが親切に対応してくださいました。宮崎さんは四万温泉協会の事務局長として活躍した手腕を見込まれ、県がぐんまちゃん家の物産担当にスカウトした方です。同協会時代は、マスコミ対応の巧みさと人脈の広さで知られ、テレビのバラエティーや旅行番組の誘致、雑誌の温泉特集などをいくつも実現されました。2005年放映のNHK連続テレビ小説「ファイト」は、四万でもロケが行われましたが、その発表後、「なぜ四万を選んだのか」という住民の問いに、チーフプロデューサーが「宮崎さんがいたから」と答えたという逸話の持ち主です。

 

 ぐんまちゃん家は他県のアンテナショップとは一線を画し、群馬の情報を東京に発信することを主目的にしており、「コミュニケーションショップ」としてマスコミや旅行会社への観光情報の提供や、企業誘致の情報などの提供を行っています。言わば群馬の「営業所」のような所と言ったらよいでしょうか。ですから物産品の販売コーナーはちょっと狭いです。

 

 ここの施設面の最大の特徴は、2階のイベントスペースです。ここは県内の自治体や各種団体が無料でイベントを開くことができるフロアになっていますが、イベントのないときは、休憩スペースとして開放されています。桐生市などは毎月のように物産即売会を実施しているそうです。藤岡市でも、効果的なイベントを開けないか研究していきたいと思います。

臨時議会で定額給付金記念セールが決定

 57代正副議長選出と定額給付金記念セールに市の補助が決定

 

 本日、臨時議会で正副議長の選挙が行われ、第57代正副議長が選出されました。お二人には、円滑な議会運営に取り組んでいただけるようお願いいたします。 

 

 また、新たに各常任委員会委員の選任も行われ、私は教務厚生常任委員会の所属となり、委員長を務めさせていただくこととなりました。委員会はその名のとおり、市民環境部・健康福祉部・教育委員会などを所管しており、教育・市民サービス・福祉など、市民生活の最前線を担当するものです。しっかりと勉強して、職責が全うできるよう頑張ってまいります。

 

 今回の臨時会では補正予算の審議も行われましたが、私が3月議会の一般質問の中で提案させていただいた定額給付金記念セールが、商工会議所と商工会によって行われることになり、その事業費の補助が可決されました。

 

 詳細は15日(金)の新聞に折り込まれるチラシをご覧いただきたいのですが、参加店で買い物をすると抽選券がもらえます。後日開催される抽選会で、地デジ対応テレビやディズニーランドペアチケットなどの、総額235万円分の豪華商品が当たるというものです。藤岡市を元気にするために、是非ご利用いただければと思います。なお、これも質問の中で推進させていただいた、プレミアム付商品券は、16日(土)午前10時より商工会議所と鬼石商工会で発売されます。こちらも1万円で1万1千円分の商品券が、ひとり2万円まで購入できますので、ご利用ください。

藤岡の美味しいトマト

TBSテレビの番組で藤岡の美味しいトマトが紹介されました

 

 昨日のTBSテレビ「ひるおび!」で、タレントの小池栄子さんが、藤岡市の栁井農園さんの桃太郎トマトを紹介してくれました。実は我が家も栁井さんのトマトの大ファンで、よく直売店に買いにいっています。とても気さくな奥様で、彼女のファンでもあります。昼の番組ですので、録画しておいてもらって、夜帰宅してから見たので、今日さっそくトマトを買ってきました。栁井さんにお話を伺うと、番組の中で小池さんも語っていましたが、ある日突然、爆笑問題の田中さんが栁井さんの直売所にふらっと立ち寄り、トマトをとても気に入ってくれ、その後も電話で注文してくれていたそうです。小池さんは田中さんが楽屋に差し入れてくれたトマトを気に入ってくれ、電話注文してくれるようになりました。小池さんはタレントであることなどは話さなかったそうで、栁井さんはタレントの小池栄子とは気づかずにいたとのことでした。

 

 テレビでは「群馬の栁井農園」としか紹介されず、TBSのホームページなどでもまだアップされていないようですが、それでも朝から新規のお客様からの電話注文が途切れることなく入ってきているそうです。
 

 

 藤岡のトマトは、イチゴとともにすばらしい品質であり、県内外に誇れるものです。その他の農産物も含め、誇りを持って農業に取り組んでいる皆さんを応援していきたいと思います。いつか小池さんと田中さんを藤岡にお招きして、藤岡の農業をPRできたらなどと思っています。
 

 

 ちなみに栁井さんのトマトは県道前橋長瀞線(冬桜で有名な桜山へ向かう道です)沿いの直売所でも購入できます。その日の朝収穫した分だけの販売で、電話注文分だけで終わってしまう日もあるそうです。

藤岡市内で街頭演説

党群馬県第三総支部でG.W街頭遊説を行いました

 

 党群馬県本部第三総支部でゴールデンウィークの街頭遊説を行いました。私も藤岡市内のショッピングセンター前での街頭演説会では、総支部長の木暮高崎市議、県本部幹事長の福重県議に先立ち、地元市議として実績を訴えさせていただきました。雨の降る肌寒い中お集まりいただいた支持者の皆様、お買い物中に耳を傾けてくださった皆様、大変にありがとうございました。今後も党の支持拡大のため、機会あるごとに、遊説・街頭演説に頑張ってまいります。

椚山の鯉のぼり祭り

地域おこしに頑張る高山上組の皆さん

 

 お招きをいただき、椚山の「鯉のぼり祭り」にお邪魔してきました。これは藤岡市高山の上組の皆さんが続けてきた地域おこしのイベントで、毎年この時期に行われているものです。
ここは市街地より車で約30分の中山間地の山頂近くで、通称椚山(くぬぎやま)と言われ、下界とは異なった季節の移り変わりが実感できるところです。晴れると景色もすばらしく、ここを起点とする二千階段の頂上近くは、古くは関東管領上杉氏の居城であった平井城の「のろし台」として守っていたそうです。ここで毎年、地区をあげて開催するこのお祭りは、地区の皆さんの手作りであり、地域おこしの原点を見た思いがしました。また、会場の「みはらし茶屋」は、やはり地域の皆さんにより運営され、ハイカーや新緑・紅葉・森林浴等で訪れる方に、手打ちうどんや「おやき」などの地域の味を提供し喜ばれています。地域おこしに頑張る皆さんを、これからも応援していきたいと思います。

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp