市議会で一般質問

市議会本会議で一般質問を行いました

 

 本日は市議会本会議が開かれ、一般質問が行われました。私の登壇は3番目、午前11時過ぎからのスタートでした。今回の質問と、市の答弁は以下の通りです。

 

(1)    定額給付金について

  定額給付金の給付について、概要とスケジュールを質問しました。対象は2月1日現在の25,668世帯、総額は約10億7千万円となります。まず4月1日に市から全世帯に通知書を郵送します。市民は封入された申請書に必要事項を記入し、免許証などの本人確認書類と預金通帳のコピーを添えて、返信用封筒に入れて4月30日までに返送します。市役所・総合支所の窓口でも申請を受け付けます。給付は口座振込みで、5月下旬から順次行われます。銀行などに口座を持っていない方などは6月下旬に市役所・総合支所の窓口で現金で給付されます。

 

 山間地の高齢者世帯などで、コピーができないなど申請が難しい方のためには成年後見人などの法定代理人や、民生委員などの代理申請も認めます。申請状況を確認しながら、申請がされていない方には個々に確認を取るなど申請漏れが無いように対応していくということです。

 

(2)    経済団体との協働について

 定額給付金の目的は、家計の支援と、消費の刺激による経済の活性化です。藤岡市民に入る10億7千万円余りの給付金を、少しでも多く市内で使っていただいて、藤岡市を元気にして頂きたいということで、給付時期に合わせてのプレミアム商品券の発行と、消費拡大セールの実施を提案させていただきました。プレミアム商品券の発行が、商工会議所・商工会の事業に、滋賀補助金を出す形でおこなわれることとなりました。

 

(3)    子育て応援特別手当について

 この手当は定額給付金と同時に行われ、第2子以降の3才〜5才の子を対象に、世帯に3万6千円を支給するものです。あまり新聞などにも出ないので、知られていない制度なので、十分な広報をお願いしました。幼稚園・保育園・小学校にチラシを配ることになりました。

 

(4)    総合学習センターの芝生広場について

 藤岡高校跡地に整備される総合学習センターに、芝生広場が作られます。芝生は効用も大きいのですが、大変な費用がかかります。そこで最近注目されている鳥取方式での整備を提案しました。非常に安くできることと、市民のボランティアが管理に関われることから、具体的に検討していくことになりました。

 

(5)    小中学校の校庭芝生化について

 鳥取方式で校庭を芝生化すること、まずは実験的にやってみるように提案しました。今後検討していくとのことです。

 

*上記は要約された私的編集です。詳細は直接くぼたまでお問い合わせいただくか、後日藤岡市のホームページに掲載される議事録でご確認下さい。

                                             

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp