高崎マーチングフェスティバルに行ってきました

多くの高崎市民が沿道で応援

 

 お隣の高崎市で行われた、高崎マーチングフェスティバルに行ってきました。私の中学生の娘が今年から富士鼓笛隊に入隊し、パレードに出場したための応援が主目的でしたが、初めてこの行事を実際に見て、その規模とレベルの高さに改めて驚かされました。46団体の参加で行われたパレードですが、招聘団体には全国大会常連団体もあり、迫力ある演奏でした。19回目の開催ということですが、続けることで日本のマーチング界で一定の地位を得ているようです。高崎市が音楽の街として、長く街づくりに取り組んできたこともその背景にあるのでしょう。

 

 もうひとつ感心したのは、参加46団体中36団体が高崎市内の小・中・高校の吹奏楽部・クラブであり、子供たち中心のイベントであるという点です。中には小規模校で、学年全体でバンドを組み、参加した学校もあったようです。子供たちが仲間と力を合わせて努力し、多くの一般のお客さんの前で演奏を披露するというのは、子供たちにとってかけがえのない体験となります。そのことがまた、高崎市の音楽の街としての伝統に、厚みと広がりをもたらすことでしょう。

 

 我が藤岡市では、藤岡祭りのパレードに吹奏楽で参加できるのは、子供では藤岡第一小学校の6年生だけです。第一小がこの任に当たっているのは、その伝統と教職員・PTAの皆様の努力の結果であることは、自分の娘がお世話になったことでよく知っています。しかし、より多くの子供たちにこの機会を与えてあげることが出来ればいいなと思います。関係者の皆様にご検討いただければ幸いです。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp