Archive for 2008年 2月

3月議会が開会

平成20年度に向けて論戦

 3月議会が、今日から15日間の会期で開かれました。平成20年度予算を審議する重要な議会です。しっかり勉強して臨んでまいります。今回の一般質問は介護支援ボランティア制度と、市営住宅の浴室設備について質問します。

 昨日28日付けの上毛新聞に、藤岡市と株式会社セーブオンの間で、災害時の応急生活物資供給等に関する協定が締結され、市役所で調印式が行われたとの報道がありました。これは私が12月議会の一般質問で提案したことが実現したものです。台風で避難され大変な思いをされ、ご要望をいただいた皆様、実現のために奔走していただいた職員の皆様に心より感謝申し上げます。これからも皆様の声を大切に、全力で頑張ってまいります。

多野東部森林組合を視察

提案型施業で間伐

加藤修一参議院議員(県本部代表)に同行して、多野東部森林組合を視察してまいりました。斉藤議員、吉井の大野議員とともに、まず組合事務所で「提案型集約化施業」の説明をいただきました。これは組合が森林所有者から間伐などの森林管理を請け負い、間伐収入の一部を所有者に還元する事業で、間伐材はバイオマスとして活用します。多野東部森林組合は、関東で唯一、この事業に取り組んでいる推進モデル組合です。新井組合長さんは森林の所有者が十分な手入れを行わず、森林が荒廃している打開策としてこの事業の重要性を強調されていました。その後、全員で実際に日野の森林に移動、集約化施業を実際に行った現場を見せていただきました。きれいに手入れされた森に感動しました。森林の荒廃は林業の衰退だけでなく、国土の保全にも大きな影響を与えます。切り出された間伐材がしっかり活用されることによって、この事業の大きな力になると思います。藤岡市として何ができるか、考えて行きたいと思いました。

ブログバックナンバー
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
藤岡市 窪田行隆
fuji_fuyuzakura@yahoo.co.jp