設立から20年

今日付けの静岡新聞に
「NPO法人 静岡犯罪被害者支援センター」が今月、
設立20周年を迎えたことを伝える記事が掲載されていました。
この記事の中で、犯罪被害者支援をめぐる主な動きが掲載されているのですが、
その中で、2017年4月に藤枝市が県内市町では初めて犯罪被害者支援に特化した条例が作られたことが紹介されています。
これは私の議会での質問がきっかけであり、それを受けて市長の英断によって県内初の条例が成立しました。
記事の中にも書かれていますが、県内他市町での条例成立を期待したいものです。
犯罪がなければ、その被害者も存在しなくなるのですが、
現実には犯罪が発生し、かけがえのない命が奪われてしまっています。
支援センターを支えている多くの皆様に感謝申し上げます。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
藤枝市 大石保幸
hoichi@jin.ne.jp