都市問題会議

全国市長会が主催する「全国都市問題会議」。
年に一度開催されるこの会議では、全国から市長・市区議会議員があるマリ、講演を聞いたり、先進事例を学んだりしています。
2年前のこの会議では、「都市の健康」というテーマで開催されましたが、2日目のパネルディスカッションのパネリストの一人に藤枝市の市長が選ばれ、藤枝市が取り組んでいる健康推進施策について発表をしました。
今回のテーマは「都市の魅力づくりと交流・定住」
~人口減少社会に立ち向かう連携と地域活性化戦略~
というものでした。
藤枝市も含め、各自治体は地方創生総合戦略の策定をしている所であり、人口減少社会に立ち向かっていこうとする中で、タイミングの良いテーマで、全国から2,100名もの参加者が開催地である長野市に集いました。
会場で出会った、公明党との品川区議会議員の方は、2年前の藤枝市長の話しはとても参考になり、議会で藤枝市の例を挙げながら区の健康施策の推進について質問したと言われていました。
今後、今回の報告をまとめますが、特にさまざまな形での連携について議会でも質問できるようにしていきたいと思います。
写真は、2日目のパネルディスカッションの様子です。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
藤枝市 大石保幸
hoichi@jin.ne.jp