ふるさと給食週間

藤枝市では毎月6月に「ふるさと給食週間」という、
いつもよりも地元の食材を使った学校給食を提供する期間があります。
今週がその週間にあたっていたのですが、市議会では現在、地産地消条例案を検討しているところでもあり、会派代表者会議で、この給食週間に議員も給食を食べてはどうかと提案をしたところ、このたび実現し、今日、全議員で中部給食センターで給食を食べて来ました。
今年は徳川家康没後400年。
家康は市内にある田中城を拠点によく鷹狩りをされていたという史実があるのですが、
平均年齢が短かった時代に75歳まで生きた家康にちなみ、
いつもより麦が多めの御飯と、具だくさんの味噌汁。
タイの塩焼き、おひたし、わらびもち、などがメニューでした。
全部で814キロカロリー、調味料や野菜類が地元で作られたものです。
市長と教育長は学校に行って生徒たちと一緒に給食を食べたようです。
地元食材で健やかに育って欲しいものですね。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
藤枝市 大石保幸
hoichi@jin.ne.jp