13日(月)午前10時から岳南排水路管理組合議会の臨時会が同管理組合事務所で開催されました。

岳南排水路は、富士・富士宮市内の主に紙パルプ産業の工場排水専用の都市下水路で総延長は38キロメートル、浄化処理後に田子の浦港に排出されています。

岳南排水路管理組合議会議員は、富士市議7人と富士宮市長ならびに富士宮市議2人の計10人です。また管理者は富士市長です。

臨時会では、まず正副議長が選出され自分が議長に選出されました。岳南地域の産業を支える重要な施設ですので安全で強い施設となるよう職務を果たしていきたいと決意いたしています。また副議長は岡村富士市議が選出され、議案として提出されていた監査委員の専任につき同意を得ることは同意を得られ、諸星孝子富士宮市議が監査委員に選任されました。

毎年7月末に岳南排水路の維持点検補修のために製紙工場等が約1週間操業休止となりますが、この時に実際に排水路内を視察する予定です。

コメントは受付けていません。

公明党広報
望月のぼるTwitter
最近の記事
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
富士市 望月昇
noboru1964@sky.plala.or.jp