13日(日)午前10時30分より早川いく子後援会の事務所開きが来賓・党員・支援者ら約800人が集い、快晴のもと開催されました。

事務長・来賓あいさつの後、石田友子後援会長の気合のこもった挨拶に続き、早川いく子県議よりこれまでの実績とこれから目指す政策など具体的に集まった皆様に語り、この事務所を大いに活用していただきたいと決意の挨拶がありました。

公明党を代表して県本部代表の大口善徳衆議院議員は、公明党の介護政策づくりに早川県議が関わってきたことなどを紹介し、早川県議をより一層支えていただきたいと訴えました。

午後からは石田後援会長が運営するグループホーム・小規模多機能型居宅介護施設「2人3脚」を訪問するとともに公明党青年局の皆さんと街頭演説を行ってきました。

余談ですが今日、幼稚園に通う娘から1日早い手作りのバレンタインチョコをもらいました。中に入っていた手書きのメッセージに「いつもあそんでね」とあり、なごんだのと同時になかなか子どもたちと触れ合う時間が無いことを反省しました。

コメントは受付けていません。

公明党広報
望月のぼるTwitter
最近の記事
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
富士市 望月昇
noboru1964@sky.plala.or.jp