Twitter
ブログバックナンバー
メールマガジンのお申込
外部リンク
サイト管理者
府中市 奈良﨑久和
fcnarasaki-h@bz03.plala.or.jp

 

   東日本大震災と福島第1原子力発電所の事故から4年が経ちました。全ての犠牲者のご冥福と、被災地の一日も早い復興を、厳粛にお祈り申し上げます。 

  被災地では今もなお、避難生活を余儀なくされている方も多く、被災者の課題も複雑化し、深刻なものとなっています。私自身、また会派としてもこの間、市民の安全・安心のため、「不安を安心に」との思いで、わが地域の防災・減災対策に真剣に取り組んできました。震災直後の議会では、防災対策について会派全員が一般質問を。この4年間で、府中市の防災・減災にむけて、被災地の視察や現場の皆さまの「声」をお聴きしながら、多くの提案をさせていただきました。安心安全のまちづくりの基本となる市内の耐震化については、学校建築物の耐震化を終え、非構造部材の耐震化の段階に入っています。学校内の照明器具の天井への直付け・LED化も耐震化の取り組みの一環です。住宅耐震化費用の助成拡充も、耐震改修費助成をこの4年で30万円から80万円にするなど、着実に進めています。

   市民の皆さまの防災意識の高まりの中、府中市総合防災訓練も市内を3つの地域に分け、発災型・体験型の訓練に切り替え、有意義な訓練の場となっています。また、避難や避難所での生活など、災害時要援護者(災害弱者)の支援・充実も図っています。公助の充実・防災減災対策は市としての責務ですが、災害時に一人ひとりの命を守るためには、自助・共助が大切です。地震発生までにできること、発生後にできることなど、日頃からのコミュニティ・人間関係の醸成など「地域防災力」の向上は急務の課題となっています。私自身、少しでも地域防災のお役に立てればと昨年秋、「防災士」の資格を取得しました。

   これからも愛する市民の皆さまとともに、知恵と力を出し合い、安心安全のわがまちづくりに向けて、全力で取り組んでまいります!

.
最新の投稿
平成25年がスタートして
平成25年が明けてから、早いものでまもなくひと月が過ぎようとしています。 昨年の師走の解散総選挙で、9小選挙区完勝を含む31議席の獲得と、政権与党として新たなスタートを切らせていただけたことに、心から感謝いたします。 前 […]

公明党デイリーニュース(2016年8月24日付)
政治の要、公明が担う
活動強化し次の勝利へ / ネットワークは党の生命線 / 山口代表らが訴え / 東京、山梨が合同議員研修会