ブログバックナンバー
Twitter
サイト管理者
江戸川区 所隆宏
tokoro@e-komei.com

1月25日(木)

行財政改革特別委員会の視察で昨年3月にオープンした荒川区の複合施設「ゆいの森あらかわ」を視察しました。

「ゆいの森あらかわ」は、中央図書館、吉村昭記念文学館、子ども施設が一体となった、赤ちゃんから高齢者まですべての世代の方が利用でき、これまでにない新しい発想の複合施設です。

老朽化が進んだ荒川図書館の建替えに伴う新たな図書館として、①約60万冊の蔵書や約800席の座席を備えた「中央図書館」。②荒川区出身で「三陸海岸大津波」や「関東大震災」などで著名な作家・吉村昭氏を記念する「吉村昭文学館」。③理科実験やワークショップ等を通じて子どもたちの夢や生きる力を育む施設「ゆいの森子どもひろば」。の3つの機能を有し、それぞれの相乗効果が期待できる複合施設です。さらには災害時には帰宅困難者の受け入れや避難所としても活用できる様作られました。

今後の本区の課題の一つである区有施設の再編の在り方について参考になる視察でした。

IMG_3718 IMG_3719 IMG_3724 IMG_3727 IMG_3729

コメントは受付けていません。