image image8月31日、都内で公明党東京都本部・山梨県本部合同の夏季議員研修会が開催され参加しました。研修会では、元防衛相の森本敏拓殖大学特任教授が「平和安全法制と公明党の役割」と題して講演。続いて、山口那津男党代表の挨拶、太田昭宏全国議員団会議議長(国土交通相)の挨拶、竹谷とし子同副代表(参院議員)の挨拶等がありました。なお席上、東京都本部の人事の発表があり、田中じゅん子は議会局次長に任命されました。竹谷とし子議員と握手を交わし、新たな決意で出発しました。

8月24日、NPO法人大活字文化普及協会の市橋正光事務局長方々とお会いし、公明新聞の取材を受けました。昨年の第4回定例会で「誰でも読書を楽しむことができる読書権を保持するための支援について」質問させていただき、大活字本の普及を取り上げました。それを受け本区において、本年度より、障がい者の日常生活用具の補助対象に大活字本の購入が導入されました。国の給付事業使い、購入助成されたのは、全国初となったのです。これからも読書活動のさらなる推進を取り組んでまいります。

IMG_1111 IMG_1126

 

 

 

 

 

 

 

 

公明新聞掲載記事

 

image image   image篠崎地区卓球大会が、篠崎第二中学校で開催されました。朝8時半開会式が行われ、準備体操後、熱戦が展開されました。私は準備体操だけご一緒し、後は応援する立場で汗を流させていただきました。大人の部では、地区委員代表メンバーも頑張りましたが一回戦敗退。残念‼︎しかし素晴らしい勇姿が、感動です。子どもたちにとって素敵な夏休みの思い出になります。青少年育成篠崎地区委員会が主催のこの大会も44回目となりました。小学生の頃参加した方が今年はお父さんの立場で参戦している姿は微笑ましいかぎりです。
多くの皆さんのお力に感謝しつつ、これからも子どもたちのため宜しくお願い致します‼️

金曜から土曜日にかけて地域の夏祭り・盆踊りが開催され伺いました。
どちらも、活気に満ちています。
地域を元気に、みなを幸せな気持ちにしてくれます。準備に関わって下さった皆さん、本当にお疲れさまです。ありがとうございます‼️
「仲町自治会・下篠崎団地自治会・東篠崎団地絆自治会・南篠崎スカイハイツ自治会」

江東区に視察に伺いました。23区初のマイクロ水力発電設備についに、温暖化対策課より説明を伺い、現場も拝見しました。子どもたちへの環境学習、さらに観光資源として、大変興味深くお聞きしました。

江戸川河川敷に於いて江戸川区総合防災訓練が実施されました。防災機関44団体.協力団体16団体、約1,400名が訓練に参加。東京湾北部を震源とするM7.3の直下型地震により、区内では震度7を記録し広域的に被害が発生している想定です。区民参加の体験コーナーでは、子どもたちも、真剣に挑戦していました。

22日 環七高速鉄道(メトロセブン)促進協議会27年度総会が江戸川区総合文化センターで開催され会員として参加しました。この会は足立・葛飾・江戸川区の3区の環状鉄道を促進することにより、区民の交通利便性を向上させるとともに、地域の発展を期すことを目的に平成6年から活動をはじめています。今年3月には会長の多田区長を先頭に次期答申に明確に位置づけられるように、エイトライナー協議会と合同で太田大臣、舛添都知事に要請活動を行なっています。
総会後の勉強会では、伊東誠氏により「東京圏の鉄道を取り巻く環境と鉄道計画」を学ばせていただきました。
葛飾区副議長の久保洋子議員と江戸川区の鵜澤悦子議員とご一緒に

日頃のご相談・ご要望の一端が公明新聞に紹介されました。
7月22日(水)7面。

新宿区内の大規模団地『戸山ハイツ』の商店街の一角にある『暮らしの保健室』を視察させていただき、室長である訪問看護師の秋山正子さんにお話しをうかがい、意見交換させていただきました。住み慣れた地域で暮らし続けられるヒントがここにありました。木の香りが漂う保健室では平日の9時から17時、看護師やボランティアらが常駐し、ちょっとした健康相談や、医療・介護・暮らしに関する相談などに無料で応じてくれます。ちょっとした不安に寄り添い、応える場が地域にあれば安心して長く暮らしていけます。各地に広がっていくことを推進していきたいと思います。

篠崎文化プラザ第28回企画展示「えどがわ、海のはなし」が今月11日から開催されています。かつて豊かな漁場であった葛西沖が埋め立て事業により清新町・臨海町に生まれ変わるまでの歴史が特集されています。梅雨も明け夏本番、えどがわの海の魅力をもっと知る機会になりました。