バックナンバー: 2017年 4月

17990738_740445182800117_6902155778937592531_n[1] IMG_5920

 

 

    

 

 

 

京葉道路の横断歩道移設について、本日、公明新聞社から取材がありました。以下はご相談者の一人田村様の投稿を転記させていただきます。

※現地で、この横断歩道で重大事故が多すぎると問題提議された地域のK民生委員さんとご一緒に上野都議、田中区議と取材を受けました。詳しく話を聞くと、15年ほど前から重大事故が多く発生して、地域でも問題視されていたが、どうにもならない状況。
駅方向(奥方向)から来る、右折車両の運転手から橋桁が死角になり、信号機の変わり目で急いで渡って来る歩行者が見難かった。
国道14号線(京葉道路)国が管理、信号機(東京都管理),交わる区道と管理の形態が複雑で、有力議員にも依頼したがほとんど諦めていたが、田中区議に相談し、都議の上野和彦都議が三年半前に小松川警察署、警視庁本庁に危険な横断歩道と改善を申し入れ、警視庁より「区道の道路改修で歩道が拡幅されることが条件」との回答を得て、連携のもと、田中区議が区道の道路改修を進めるなかで三月末とあったものを3月4日に横断歩道の移設が完了したとの事。ネットワークの力です。本当に嬉しいと話していた。K民生委員さんも、「亡くなった遺族の方々が一番喜んでいます」 と、話をしていた。

今後も皆さんのお声を形に出来るよう働いてまいります。