「女性の心も体も元気が一番、女性の健康が社会の元気につながる」をテーマに掲げ、毎年、健康週間には街頭演説会を行わせていただいております。この「女性の健康週間」は、「女性の健康づくりを総合的に支援する目的で「女性の健康週間」(3月1日~8日)が、厚生労働省推奨で2007年に創設されました。これまで、党東京都本部女性局として、健康フェスタの開催や、10万人への意識調査の実施、127万人の署名によるがん対策強化の推進など、女性の健康意識の向上を広く訴えてきたところです。こうした取り組みにより、乳がん・子宮頚がんの無料検診クーポンの配布や子宮頚がん予防ワクチンの公費助成などが大きく先進したことから、検診受診率も向上するという結果に繋がっています。

本年の健康週間のテーマは「女性の視点からの防災」と掲げ、「防災対策」についてお訴えしました。

ひな祭りの3日平井駅をスタートに小岩駅・瑞江駅・船堀駅・西葛西駅・葛西駅とキャラバン隊として街頭演説会を開催しました。また女性局がオリジナルで作成した「防災チェックシート」・「ポケット防災ハンドブック」を配布させていただきました。

コメントは受付けていません。