バックナンバー: 2011年 8月

 6月に区が実施した空間放射線量の測定結果において、砂場の線量が相対的に数値が高い傾向にありました。また特に小さなお子さんをもつ保護者の皆さんから、子どもの安全を守ってほしいとの声が多く寄せられておりました。区議会公明党はこれまでも区に対して継続的な空間放射線量の測定を要望してまいりましたが、その結果8月30日から幼稚園、保育園、小中学校、公園など約540ヵ所の砂場の空間放射線量の測定を実施し、その結果を順次公開することとなりました。今回の測定で0.25マイクロシーベルト以上の場合は、砂場の使用を一時中止し、後日、砂場の入れ替えなどの除染対策を行います。測定値は江戸川区ホームページに公表されます。