menu
バックナンバー 2016年 4月

4月22日(金)・23日(土)

公明党江戸川総支部として「熊本地震災害支援の会」の募金活動に協力致しました。
22日(金)は午後4時からJR小岩駅南口で、翌23日(土)は、葛飾総支部と合同で午後3時からJR新小岩駅南口にてそれぞれ応援させていただきました。
新小岩駅での募金活動には山口那津男公明党代表も駆け付け、被災地支援を呼びかけました。山口代表は、現地で余震が続く中、被災者が避難所や車中で避難生活を続けているとして、「余震の収まり具合を見極め、仮設住宅建設や、住まいの安全確認を行った上で、生活再建への具体的な手だてを早急に講じていく」ことや、公明党が18日に安倍晋三首相に緊急要請を行ったほか、22日の自公党首懇談で救援活動に全力を尽くすことを確認したことを報告致しました。復旧・復興のためには予備費の活用に加え、必要であれば補正予算も考えるべきとの考えを示した上で、「被災者の生活を元通りにするために真心の支援を」と訴えました。
多くの皆様にご協力をいただき深く感謝を申し上げます。

4月22日 JR小岩駅にて

DSC_0687DSC_0600

―誰も置き去りにしない社会に― 

公明お知らせ120号で掲載をしました、区議会公明党が推進した「子どもの成長支援」ですが、4月20日付けの「広報えどがわ」で特集掲載をされました。
昨年6月の第2回定例会の一般質問で、子どもの貧困連鎖をなくすために、今後、区としてどのように子どもへの学習支援の施策を行っていくのか、また、子どもの学習支援、貧困対策は庁内で複数の部署にまたがることから、各部署間の連携をどのようにしていくのか質問を行い、それに対し「積極的に取り組むべき大きな行政課題の一つであり関係部署が連携し、どういう支援が可能かなど検討を始めている」との答弁を引き出しました。
その後も、昨年10月の第3回定例会中の決算特別委員会の質疑の中で、また本年最初の第一回定例会の代表質問では、2030年の世界を見据えた国連の新たな指針「誰も置き去りにしない」をテーマに掲げ、同じ第1回定例会中に行われた予算特別委員会の質疑の中でも「貧困の連鎖を断ち切るために、学習支援と居場所づくり」が重要であることを訴えて、同時に学力向上に向けた取り組みの要望として、学習につまづいている子ども達への補習の強化を行い、さらに外部人材やボランティアを活用し、学習支援の充実を図ることの提案を平成24年の第一回定例会で代表質問で行い、平成25年第二回定例会での一般質問でも、重ねて子ども達の確かな学力向上のため、反復学習や補習などの継続的な取り組みを訴えてきました。
平成27年7月に行われた子育て・教育力向上特別委員会での質疑でも補習の充実を要望し、同じ平成27年10月の第3回定例会中の決算特別委員会での質疑の中で、具体的な取り組みについて検討しているとの答弁を引きだしました。また、決算特別委員会の区議会公明党しての総括意見で、基礎学力の向上のために、区内の全ての小中学校が、毎日の家庭学習と学習につまずいている子どもたちへの補習に取り組むことを要望しました。そして、本年第1回定例会中の予算特別委員会の質疑で、平成28年度より具体的な取り組みについて答弁を引き出すことが出来ました。
子どもの成長支援は、引き続き区議会公明党として一丸となって取り組んで参ります。

公明お知らせ120号裏面広報えどがわ4月20日号

4月12日(火)

 区立小松川幼稚園の第47回入園式が、午前10時より行われ、出席させて頂きました。今年度、平成28年度は1クラスで30名の元気な新園児を迎えました。在園児と合わせて73名で本日からスタートです。

小松川幼稚園入園式

4月10日(日)

旧中川ボートフェスティバル2016は、午前10時に開会式が行われ、第3回ドラゴンボートレースが開始されました。私も「小松川Aチーム」に加えていただき、3度目のレースに挑みました。この日は、天気も良く、まだ旧中川の土手の桜も綺麗に咲き残っており、素晴らしい環境の中での催しとなりました。ドラゴンボートの他には、4人乗りボート、一人乗りのカヌーや10人乗りEボートの体験操船も行っており、一日水に親しめる有意義な行事となっています。

ポスター のぼり

大接戦で、並んでいますが、ラストで手前のボートが抜きました!

レース①レース②

 

トーナメント結果 ボートから見える景色

桜はまだ咲いています

まだまだ綺麗に咲いている桜です。

 

4月7日(木)

  本日は区立中学校の入学式が全33校で行われました。あいにくの雨となりましたが、私は、地元「小松川第三中学校」の第63回入学式に出席させていただきました。105名の新1年生が、一日も早く学校に慣れ、〝コマサン〟の一員として勉強にスポーツに活躍されることを期待致します。

IMG_4013 入学式次第

April 7 (Thursday)
Today entrance ceremony of a municipal junior high school have been made in all 33 schools. But became the unfortunate rain, I, I was allowed to attend the 63rd entrance ceremony of the local “Komatsugawa third junior high school.” New first-year students of 105 people, will be expected to be active in sports in the study as a member of the accustomed to early school one day, “Komasan”

 
 

4月6日(水)
 この日は、午前10時から行われた平井南小学校の入学式に出席致しました。
51名の可愛い一年生を満開の桜が出迎えました。
平井第二小学校が平井南小学校に統合されたことから、この4月から南小の校舎内に旧平井第二小学校の〝メモリアルルーム〟が開設されました。

IMG_4007 IMG_4003 平井第二小メモリアルルーム① 平井第二小メモリアルルーム③

IMG_3993

JR平井駅前。準備が完了し、いよいよこれからボイス・アクションがスタートです!

コメ助

 

 

 

 

 

 


公明党青年委員会による政策アンケート「ボイス・アクション」が日本各地で行われています。江戸川区でも、主要8駅で3月20日、3月27日、4月3日の3回の日曜日を利用して行われました。駅を利用される方や通行される方にお声をかけて、”コメ助のあったらイイネアンケート“にたくさんのイイネ!をいただきました。

ご協力をいただいた皆様に厚く御礼を申し上げます。

 

 全国さくらシンポジウムは、〝さくらのまちづくりの推進〟と〝桜の名所づくり〟を通じて観光振興や景観美化などの普及啓発を目的として昭和57年から全国で開催され、今回の江戸川区での開催で35回目となります。
今回は「~さくら さくら 和の心~」をテーマに、4月2日(土)はタワーホール船堀でシンポジウムが、3日(日)は小松川と新川の千本桜の2コースを巡る現地見学会が行われました。
2日に行われたシンポジウムはタワーホール船堀5階大ホールで開催されましたが、区内はもとより全国からお客様が見えて大成功の催しとなりました。
3日は地元の小松川千本桜まつりに出席させていただきました。
朝は雨足が強く、まつりが出来るか心配しましたが、式典が始まる頃は雨も上がり何とか天気も持ち直しました。
会場には30軒ほどの模擬店が並び、各町会・自治会などの方々が朝早くから準備に取りかかり、来場された皆様に美味しい料理を提供していました。

シンポジウム

2日 タワーホール船堀でのシンポジウムの様子

  中央ステージ 桜の咲いた様子 チラシさくらシンポジウム案内冊子

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
江戸川区 太田公弘
ohta@e-komei.com