menu
バックナンバー 2012年 4月

小松川・平井地域の春の行事が二つあります。 一つは毎年3月の第4土曜日に行われる「ナイトウォーク」と第4日曜に行われる「小松川千本桜まつり」です。
昨年は東日本大震災直後でもあり、中止となりましたが本年は無事開催することができました。
「ナイトウォーク」は今回で第19回目で、この3月に地域内の7つの小学校を卒業した子どもたちが主役です。スタート地点でもあり、ゴールでもある小松川小学校に24日の夜9時過ぎに集まり、出発式を行ったあと、午後10時、引率をする地域の役員の方や保護者の方と共に学校を出発し、その後夜の都心を回り、最後は江東区の仙台掘川公園を通って明け方5時から6時頃にかけてスタート地点である小松川小学校に戻る全行程27kmの壮大なウォーキングです。北の丸公園や東京駅を通り、銀座を抜けて行きます。今回は全卒業生の8割にあたる351名の子供たちが参加し全部で53班の編成で見事翌朝、全員が歩ききって帰って来ました。
子どもたちにとっても貴重な体験ですし、地域の大人にとっても将来地域を担っていく子どもたちを見守り育てていく行事となっているのが特徴です。

ナイトウォーク 出発の様子です。

もう一つは翌25日に行われた「小松川千本桜まつり」です。今回が9回目です。この数年ほどは3月といえども寒く、特に荒川土手に展開するこの千本桜は、川からの冷たい風が吹いてさらに体感温度を下げるということが続きましたが、今回は天気も良く暖かい中で行うことができました。残念ながらソメイヨシノはまだまだ蕾の状態ですが、カワヅザクラが少々咲いており、4月の上旬にむけてこれからが本番の季節となります。地域内の各町会や自治会の方々や各種団体の方々が模擬店を出し、お祭りの雰囲気を盛り上げていました。天気も良かったのでたくさんの方が見えて、模擬店も長蛇の列で大盛況でした。これからが桜の本番の時期。満開の桜はもう少しです。楽しみに待ちたいと思います。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
江戸川区 太田公弘
ohta@e-komei.com