バックナンバー: 2014年 9月

日本認知症予防学会学術集会などが主催の「地域ぐるみで行う!認知症の予防と早期発見」と題した公開講座が、江戸川区で開催されました。
パネルディスカッションでは、大牟田市や東京都での取り組みが紹介されました。
予防のためには、「運動と知的活動」とはよく言われる事です。大事な点は、楽しみながら、意欲を持って、友だちと一緒に出来ることだと、改めて感じました。

素晴らしい好天に恵まれ、上一色南小学校の大運動会が開かれました。中でも、高学年の組体操は圧巻です皆さん、お疲れ様でした。

これは、川ではありません。間違いなく区道です。生活道路です。
9/10午後7時過ぎの江戸川区は、時間90ミリを越えるゲリラ豪雨に襲われました。
江戸川区中央地域では、ほとんどの皆さんが、初めてとも言える大きな被害でした。本一色地区の一部では、床上浸水被害により畳を必死に守る方もおられました。
私は、連絡を頂いた14件の方々に約100個の土嚢をお届けしました。
深刻な地域では、警察により進入禁止の措置も。黄色いテープがあちこちで貼られました。
今後、被害状況を確認の上、対策効果の検証が必要です。多くの方々から、「排水ポンプは、動いたのか」「貯留管は機能したのか」などのご意見も。
いずれにしても対策の強化は、必然です。必ず、声をカタチにしてまいります。