バックナンバー: 2009年 9月 3日

 平成21年9月3日午後、葛飾区内で新しい高齢者住宅を運営する高齢者専用賃貸住宅「ココチケア」を視察しました。これは、東京都がモデル事業で進めている「医療連携型高専賃」のモデルとして先進的な事業です。

 その特徴は、60歳以上の方専用の賃貸住宅に、医療と介護が連携して、終身にわたって安心して住むことができる点です。現在31世帯が入所され、要介護の方だけでなく健康な方もお住まいだそうです。また、家賃は年金だけの方でも入所可能な範囲で設定されているようです。

 今後、本区においても、高齢者の方々にとって多様な住まいのあり方が求められる中、本事業が担う役割は大きいと思われます。