img_0425.jpg

1月23日、児童文学作家の角野栄子さんの江戸川区区民栄誉賞の授賞式と記念講演が行われました。角野さんは、アニメ映画「魔女の宅急便」の原作者としても知られ、昨年には児童文学のノーベル賞ともいわれる「国際アンデルセン賞」の作家賞に選ばれるなど数々の功績を残されています。幼少期から20代前半を北小岩で過ごされたこともあり、小岩を舞台にした作品を描きたいとお話されました。大変に楽しみです!

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
江戸川区 堀江創一
horie@e-komei.com