区が実施した空間放射線量の測定結果において、砂場の線量が相対的に数値が高い傾向がありました。区議会公明党はこれまでも、多田区長に対して継続的な空間放射線量の測定を要望してまいりました。その結果、8月30日から小・中学校、幼稚園、保育園、公園など約540施設の砂場の空間放射線量の測定を実施、その結果を順次公表しています。

今回の測定でo.25マイクロシーベルト以上の場合は、砂場の使用を一時中止し、後日、砂の入れ替えなどの除染対策を行います。

これからも、皆様の不安の解消のために全力でがんばってまいります

                    放射線量測定結果と対応について江戸川区ホームページ

 

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
江戸川区 堀江創一
horie@e-komei.com