バックナンバー 2011年 6月

  区議会公明党が江戸川区に対して要望していた放射線リスクへの対策のうち、区独自での放射線量の測定が行われ、結果が公表されました。区議会公明党は、今後とも区民の健康不安を解消するために放射線測定の継続に全力で取り組んでまいります。

                   放射線の測定結果⇒ここから

西小岩2丁目の親水緑道入り口付近に、事故防止のためのゼブラ・視線誘導標と横断抑止棚が設置されました。これは蔵前橋通りから左折してくる車から歩行者を守るための安全対策として、地域の声をお聞きし実現したものです。

  江戸川区は、多くの区民が不安を抱いている放射線の測定について区内19か所 で独自の測定を実施すると発表しました。私たち区議会公明党13名は、区民の皆様からご意見をお聞きし、先日多田区長に放射能汚染のリスク対策の要望書提出していました。これからも、皆様のお声を区政へと届けて参ります。 

 

  ◆測定場所  区内を2キロメートルメッシュで区切り、小・中学校、保育園、幼稚

           園、公園など19か所で測定

  ◆測定日    6月下旬~7月上旬(予定)準備が整い次第、早急に実施

  ◆測定方法  地上1メートル、地上5センチメートル

  ◆測定機器  シンチレーション式サーベイメーター(小型)DoseRAM-1200

           (注)主に人体に影響のあるガンマ線の強さを測定するものです。

  ◆その他    測定結果は、区ホームページで公開します。また、今後の測定に

                      ついては、今回の測定結果を踏まえて検討するとしています。

 

 

 

  平成23年6月14日江戸川区議会公明党は、放射能汚染へのリスク対策について、多田正見区長に対し要望の申し入れを行いました。この要望を提出するまでの間、私たち区議会公明党13名は不安を抱える多くの区民の皆様のご意見をお聞きして参りました。これからも皆様のお声を区政へ届けてまいります。

   

   江戸川区長                                           平成23年 6月14日

       多田 正見 様                               江戸川区議会公明党

                                                                     幹事長 川瀬 泰徳

放射線リスクへの対策についての要望

 

 福島第一原発事故の放射線リスクについて、未だ事故収束の見通しが立たない中、放射線の「見えない恐怖」に悩まされている事は、ご承知の通りであります。公明党は、いち早く区民の声を聞き、関係機関へ対策を求めてまいりました。

 本来、その責任は、東京電力と政府にあり、問題解決への徹底した取り組みを、今後とも強く求めるべきであります。

 しかしながら、区民の皆さまからは、子どもへの放射線の影響を心配するご意見が日増しに多く寄せられています。一般的に、細胞分裂が活発な子どもは、放射線への感受性が高く、影響も受けやすいと言われます。更に、23区の中でも、子どもの多い本区としては、正しい知識の提供と地域の放射線量の測定を実施することが、子育て家庭の要望にお応えする事になるのではないでしょうか。

 先頃、東京都は都内における空間放射線量の測定の拡充を決定しました。本区を含む都内全域の放射線量を細かく測定することで、より正確な数値が期待できます。本区に於いては、東京都と連携を密に取りながら、区民の健康不安を払拭するため独自の対策を講ずべきと考えます。

 以上の観点から、当面取り組むべき本区の対策について下記の通り要望します。

 

   1、放射線について、ホームページや広報えどがわ等を使い、正しい知識

     の周知徹底を図ること。

  2、都が増設予定のモニタリングポスト設置を江戸川区内に要請すること。

  3、6月15日から実施する空間放射線量の測定調査の継続を求めること。

  4、区独自で、放射線量を継続的に測定し、結果について公表すること。

         

   

                                                                                                                                                                                                                                                 

                                                            今なお、被災地で苦しまわれている方々に心よりお見舞い申し上げます。また、犠牲となられた方々に対しまして、謹んでご冥福をお祈り致します。6月1日、2日の2日間にわたり、東日本大震災の被災地・宮城県の気仙沼市、仙台市荒浜、岩手県の陸前高田市の視察に行ってまいりました。被災地訪問は大変に心苦しいことですが、復旧・復興に向けて私たちに何ができるのか、また、我が愛する江戸川区を災害に強い街にしていくために、敢えて足を運ばせていただきました。日本有数の水産都市として知られている気仙沼市。江戸川区の6.5倍の広さ。人口は7万4千人、7割が水産系の仕事に従事している地域です。壊滅的な被害の状況に大変なショックを受けました。現地は鼻を突く異様な臭いが立ち込めており、未だに多くに方々が行方不明のままです。瓦礫撤去の進捗率は15%程度、仮設住宅の設置、義援金の配布など、多くの課題が山積しています。私たちは、どこまでも被災者に寄り添い、被災者の目線で、スピード感を持って復旧・復興に全力で取り組んでまいります。

(上写真:気仙沼市  下写真:仙台市荒浜)

Twitter
外部リンク
サイト管理者
江戸川区 堀江創一
horie@e-komei.com