menu

今日は経済建設常任委員会所管の建設部・経済部の新年度事業についての予算質疑が行われました。

 

 

私からは

【建設部】

・高砂駅周辺整備事業の状況と安全対策

・耐震化支援事業の新たな取り組みと期待される効果

・住宅取得支援事業における新年度の制度設計

・空家等対策推進事業について

 

【経済部】

・鳥獣被害防止対策事業におけるエゾシカについての対応のうち道との連携について

・起業化促進支援事業における実践創業塾の内容と、新規起業者へのアフターフォローについて

・総合特区推進事業における輸出・海外展開の支援

・有給インターンシップ等地域就職支援事業における参加企業拡大の取り組み

・働きたい女性のための就職支援事業におけるこれまでの取り組みとその結果を踏まえた新年度の事業展開について

・江別アンテナショップGET`Sの課題と今後について

・観光振興計画推進の体制について

 

などの質疑をさせていただきました。

 

 

 

《高砂駅周辺整備事業》

高砂駅北側の送迎車両停車による車両渋滞の改善策として停車場を整備するこの事業。過去に公明党会派の先輩議員が議会で取り上げ整備事業が決定。現在来年度の完成を目指して事業が行われています。

 

6CFF2897-0374-4CEF-8F0A-7135D9E8808B

 

 

 

 

 

 

 

 

現在でも高砂駅北側は夕方になるとこのような状況になります。

 

昨年は埋蔵文化財の発掘調査が行われ、新年度は過去に生息が確認されている準絶滅危惧種の「ハイタカ」が営巣するかの調査が行われます。工事自体は9月から行われ、12月には9台分の停車スペースができます。

工事中は仮歩道となりますが、市道の交通の流れを止めずに整備工事が実施されます。とは言え工事車両の出入りも多くなりますので、十分な安全対策と市民周知を講ずるよう要望しました。

市としては自治会を通じた注意喚起と広報えべつを利用した周知を図るとの答弁がありました。

 

 

 

《総合特区推進事業における輸出・海外展開の支援について》

この海外展開の支援は、海外挑戦をする企業が固定化されている状況について昨年の決算特別委員会で取り上げ、国際認証の取得なども含めてより多くの企業の海外展開を後押しする事業となるよう、制度設計の再考を要望していた経緯があります。

今回これまでの事業に加え、各企業の取り組み状況に応じたきめ細やかな支援と、札幌圏へのインバウンドをターゲットにした取り組みの支援が追加されることになりました。これらの支援を利用して海外展開やインバウンド需要を掴む企業が増えていくよう、私も引き続き応援して参ります。

 

 

 

今日の委員会も10時からスタートし、昼休憩を挟んで18時に終了しました。

 

1日あいて明後日は、生活福祉常任委員会所管の生活環境部と健康福祉部。そして国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療の3特別会計についての予算質疑が行われます。

コメントは受付けていません。

Facebookページ
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
江別市 德田哲
nanakamado_tokuda@yahoo.co.jp