menu

いよいよ本日から予算特別委員会において平成30年度予算案についての質疑がスタートしました。

1日目は各行政委員会、上下水道・市立病院事業会計、消防本部所管の予算質疑が行われました。

 

今日、私からは

【水道部所管分】

・技術職員の確保、育成について

・水道料金等収納業務委託における効果と課題について

・下水道管路の老朽化対策について

 

 

【市立病院所管分】

・医師の確保と診療科について

 

 

【消防本部所管分】

・今後における消防団の維持、人材の確保について

・学生消防団について

 

などの質疑を行いました。

 

下水管路の老朽化対策については、江別市に下水管の敷設が始まったのが昭和38年。今後耐用年数である50年を経過した管が増えていく中で、いかに費用を平準化しながら更新や補修を進めていくか、そしてそうした現状をどのように市民の皆さんに理解していただき課題を共有するかについて質疑しました。

 

また消防団については、昨年の道交法改正で準中型免許が新設されたことを受け、新規に入団する若い団員の方へ免許取得の助成を検討する事と、準中型に対応した消防団車両更新の考え方について。また、新年度から具体的な取り組みが始まる学生消防団について、消防団の条例定数を超える希望者がいた場合の対応と、そうした方々への学生消防団活動認証制度適応に対する考えについて質疑しました。

 

朝10時から始まった予算委員会。お昼休憩を挟み、終了時刻はちょうど18時でした。

 

来週は

12日(月) 経済建設常任委員会所管

14日(水) 生活福祉常任委員会所管

15日(木) 総務文教常任委員会所管

の予算質疑が、それぞれ朝10時から行われます。

 

残念ながら委員会はインターネット中継はありませんが傍聴が可能です。特に予算特別委員会は来年度予算案を審議するという事もあり、詳細で活発な議論がなされます。

本会議とは全く違う雰囲気ですので、お時間の許す方はぜひ傍聴へいらして頂きたいと思います。

コメントは受付けていません。

Facebookページ
Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
江別市 德田哲
nanakamado_tokuda@yahoo.co.jp