13日、「江別市大学連携事業報告会」が、開催され参加致しました。市内4大学の教員や学生の調査、研究などで、江別の防災や子供の貧困、増えているエゾ鹿の問題、環境問題など。
災害では、いつ江別も、洪水が、起きるかもしれない、また、活断層の上に乗っている江別は、いつ活断層が、動くかわからない、明日かも、しれない、予想される災害に、備えなければ、ならないことまた、子供の貧困は、大人の問題であるなど、地域の課題に、力強く、取り組んでいただいております❗️

コメントは受付けていません。