千古園にて、野幌開拓記念祭が、行われ、議会代表として、出席させていただきました。
明治23年野幌に、北越殖民社135戸が入植。開拓の指導者、関矢孫左衛門は、「故郷魚沼の人々の為」「北海道の開拓の為、」衆議院議員の立場を、捨てるという、「小義を、捨て大義に、生きる」この指導者のもと、我が地域は、築かれたこと、大変、誇りに思い、この精神を、次の世代に、引き継いでいかなければ、ならないと、強く感じました❗️

コメントは受付けていません。