バックナンバー: 2018年 6月

医療的ケア児支援体制として、普通学級で、医療的ケア児を受け入れている現状と、課題。
学校現場での看護師が、出来ることなどの実践報告が、ありました。
地域の子供たちと共に、成長して、いくことは、特別なことではなく当たり前に❗️

千古園にて、野幌開拓記念祭が、行われ、議会代表として、出席させていただきました。
明治23年野幌に、北越殖民社135戸が入植。開拓の指導者、関矢孫左衛門は、「故郷魚沼の人々の為」「北海道の開拓の為、」衆議院議員の立場を、捨てるという、「小義を、捨て大義に、生きる」この指導者のもと、我が地域は、築かれたこと、大変、誇りに思い、この精神を、次の世代に、引き継いでいかなければ、ならないと、強く感じました❗️

金曜日の夜、社協の2階の、ケアラーズカフェに、民生委員の方と、行って、来ました。
ケアラーとは、介護、看病、世話など、ケアの必要な家族、近親者、友人、知人などを、無償でケアーする人のことです。一人で、悩まれているケアラーが、気軽に立ち寄れる、交流できる場所が、必要です。そのカフェを、ボランティアの方々が、人が、来ても、来なくても、カフェを、定期的に、開いていることに、頭が、下がります。本当に、感謝です。
ケアラー支援については、平成26年6月議会で、一般質問していますが、このような、カフェを、行っている方々を、行政として、まだまだ、支援が、必要と、思います ❗️

地域の党員さんと、地元の、消防所へ。
住宅火災警報器の効果などについて、お伺い致しました。約10年が、電池の、寿命とのことで、命を、守るためには、維持管理が、重要です❗️

今日、17日の公明新聞に、医療的ケア児の支援厚く」と、4面に、掲載されました❗️
日常的にたん吸引などが、必要な、医療的ケア児の、保護者の方々は、3時間以上寝れない生活を、されています。そうした方々声を、これからも、しっかり届けて参ります❗️

14日、障がい者の親なき後問題セミナーに、参加。知的障がいの方が、悪意がある人間と、関わる事による事件などの、例が、挙げられていました。平成17年の9月議会で、「障がい者の親なき後の支援制度」に、ついて、質問させていただきましたが、行政で、しっかり守る制度を、つくるべきと、考えます❗️

木曜日、大麻駅で、斎藤議員、徳田議員と、3人で、定例街頭を行いました。私からは、今回の、定数2減にした件と、公明党のアンケート調査活動の、件を、街頭。6度寒かったです❗️

10日、公明党女性局による野幌地域の「ひまわり研修」に、出席。
徳田議員からは、江別市の健康都市宣言に、対する取り組みに、ついて、私からは、介護アンケートをもとに、江別市の介護の課題や、今後、介護保険料を、下げる取り組みを、皆んなで、やりましょう❗️と、お話させていただきました❗️

先週、土木事務所に、道路整備の要望書を、自治会長、副会長と、共に提出致しました。
コンクリートU字溝の破損や、破損しやすいため、厚めのにすると、道路との段差ができ、大変危険な状況です。早めの、対応を、要望致しました❗️

お忙しい中、公明党の100万人アンケートに、ご協力いただきました。企業アンケートです。
本当にありがとうございました❗️