バックナンバー: 2016年 12月

12月16日、党員研修を、行いました。江別市の、健康都市宣言についてを、徳田議員から、また私からは、年金についてを、党員の皆様と、勉強いたしました。
持続可能なそして、次世代のために、公平な年金制度について、活発な意見交換をいたしました。

12月13日に、北海道共生ケアネットワークの代表の方と、共生型(富山型)推進の要望書を市長に提出いたしました。
赤ちゃんから、高齢者まで、障がいが、あるなしにかかわらず、だれもが、住み慣れた地域で、一緒の施設で!ー交流の中で、元気になります!!
 この富山型共生施設を運営するにあたり、障壁となるのが、縦割りの制度です。市により必要と判断された場合提供が、可能となる、「基準該当サービス」の活用を要望いたしました。

12月7日におこなった、一般質問が、地元の新聞に掲載されました。
水道メーターは、8年ごとに、交換することが、義務付けられていますが、そのまま売却するより、分解することにより、売却益があがります。障がい者の就労支援として、メーター分解作業を障がい者施設に委託します。道内では、士別市が、取り組んでいましたので、会派で、視察をさせていただきました。大変ありがとうございます!!

12月7日10時より一般質問を致します!
皆様から、いただいた
ご意見、ご要望を中心に8項目質問致しますので、是非、お時間のある方の傍聴をお待ちしております❗️❗️