menu

 みなさん、おはようございます!さがら大悟です。

 生活の現場は多種多様で、想定外のことが度々あります。今回は、その中から一つのエピソードをご紹介します。

 初当選後まもなく、一人のご婦人から「健康施設ウエルネスパークの屋内プールに障がい者用の更衣室を設置してほしい」との要望がありました。しかし「あの施設の更衣室は障がい者にも配慮されて広いはずなのに?」と思って聞き返すと、「車いすの主人を介添えしながら、夫婦で着替えられる場所がほしい」との答え。

 〝夫婦で着替えられる場所〟。

 言われてみてハッとしました。予算要望の席上、市長に話すと「今まで気が付かなかった視点だ」と話題になり早々に対応。「障がい者・介護者用更衣室」として設置されたのです。その後、他のご夫婦や親子の利用者が増え、大変喜ばれました。

 先日、そのご婦人と再会しました。残念ながら、数年前にご主人はお亡くなりになりましたが、同じように困っている方に役立つことが出来て、あの時相談して本当に良かったとお話しになりました。

 議員は、現場で聞かれる小さな声を見落とすことなく、いかに拾い上げるか?まさに現場第一主義の行動力こそが重要です。
 さがら大悟、今後もしっかり頑張ります!!

コメントは受付けていません。

daiGOGO2011
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
加古川市 相良大悟
komeikakogawa-ds@bb.banban.jp