menu

 みなさん、おはようございます!さがら大悟です。
今回は、神野周辺のスポット街頭でさせてもらっている話題を紹介いたします。

 かつて神野町石守・日岡苑方面から市道石守溝ノ口線を通って神野小学校に通学する児童は、遠回りをして危険な状態でした。

 県道八幡別府線手前の横断歩道を渡り、逆方向に戻って途中の農道を通って学校へ向かっていましたが、そこには歩道がなく、停車する車があると、車を避けて車道の中央付近まで児童の列はふくれました。地元PTA等から、市に対して日岡苑方面から直接農道に行けるように横断歩道の設置要望が出されていましたが、状況が進まみません。そこで党員の方を通じて、私に何とかしてほしいとの依頼があったのです。現場を確認し調査した結果、設置条件として県公安委員会から従来ある横断歩道を移設しなければならないとの事。

 しかし従来使われている横断歩道は、地元住民の皆さんが郵便局等へ行くために利用しており、高齢者も多いことから残してほしいとの強い要望の声が。早速、佃助三県議会議員(当時)と連携し、県に新たに横断歩道を増設するよう依頼しました。
 その結果、要望通り、横断歩道の増設が実現したのです。

増設した横断歩道。左側歩道から右の農道に繋がりました!

 

 一市議会議員では、これほどスムーズにはできません。あるいは実現しなかったかも知れません。ネットワーク政党としての持ち味を遺憾なく発揮したからこそできた事業です。
 今後も、この強みを活かして、現場の声を形にすべく頑張って参ります!

コメントは受付けていません。

daiGOGO2011
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
加古川市 相良大悟
komeikakogawa-ds@bb.banban.jp