menu

 みなさん、おはようございます!さがら大悟です。

最近、新神野周辺でスポット街頭を多くさせてもらってますが、その際のお話を今回の話題といたします。

 私が議員になった翌年の平成15年5月、新神野の住民の方から、大雨が降ると浸水被害がひどいので何とかしてほしいとのご相談がありました。

 道路は川のようになり、家の中まで浸水し、周辺の田畑は池のようになる。
 まず、着手したのが、老朽化し崩れかかった用水路の側壁の改修工事。しかしこれは、根本的な解決につながりません。

 曇川に隣接する、老朽化した神野団地雨水ポンプ場の改修と、そこにつながる下水道管を大きくする必要がありました。地元町内会長をはじめ住民の皆さんとも連携し、市担当部局に要請しました。
 大きな予算を必要とするため時間がかかりましたが、市道大野西条線の下水道工事が平成22年に、神野団地雨水ポンプ場の改修工事が平成20年度から22年度にかけて実施され、平成23年春から運行を開始しました。

地元の皆さんから大変喜んで頂きました。今後も生活者の現場の声を形にするため、全力で取り組んでまいります!

コメントは受付けていません。

daiGOGO2011
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
加古川市 相良大悟
komeikakogawa-ds@bb.banban.jp