menu
バックナンバー 2011年 6月

 6月2日より定例会が開会しました。

 11名の議員が一般質問を行いましたが、東日本大震災の後だけに防災対策・危機管理についての内容が多く取り上げられました。
 その中で、公明党議員団の大西健一議員から、公明党が推進する「被災者支援システム」の導入についての質問に注目が集まりました。

 阪神淡路大震災で市庁舎自体が被災した西宮市の職員が、試行錯誤を繰り返し開発したシステムです。救災、復旧・復興業務において大きな力を発揮するこのシステムが、実は余り導入されていない(兵庫県内で4市のみ)。

 大災害がいつ来てもおかしくない状況の中、公明党は、国会議員と全国の地方議員のネットワークを活かし、その普及・促進に全力で取り組んでいるところです。大西議員の質問に対して、理事者から早期導入へ前向きな答弁がありました。加古川のまちづくりへ一歩一歩前進させて参ります。※続きは下記からアクセスください。

   最新号の全文はこちらをクリック!

daiGOGO2011
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
加古川市 相良大悟
komeikakogawa-ds@bb.banban.jp