menu
バックナンバー 2009年 5月 27日

 新型インフルエンザによる国内感染者は、5月26日現在で350人超。一連の騒動は、ある程度落ち着いて来ており、大阪、神戸の両商工会議所など各界では風評被害を防ぐための対策が講じられています。

 過剰な反応が混乱を招くという一面と、対岸の火事的に全く余所事で何も対応せず結果オーライという一面が浮き彫りになった印象があります。そして行政の初動体制の甘さが出たことも否めません。正確な情報伝達と適切な対処が重要であることは言うまでもなく、今回の騒動を教訓として、今後また新たなパンデミックを引き起こす可能性に対して備えて参りたいと思います。

 当面は、自己免疫をつけていくことが大事でしょう。ある医師が、わかりやすい例えをしていました。マスクをして徹夜麻雀をすれば感染する可能性は高まる・・・。
 外出時のマスク着用と帰宅時の手洗い・うがいはもとより、規則正しい生活が肝要ですね。日常的に大事ですが、現在のような警戒レベルが上がっている時は特に気をつけたいものです。
                            
====================================================================
 

 ☆ 別府川側道の安全対策が進みました!!

 
 3月定例会で「別府川側道の安全対策」について一般質問したことは、vol.69でご紹介しましたが、このほど7基の防犯灯が設置されましたので、実現に至るまでの経緯についてご報告いたします。

 西側をJR加古川線が走る加古川町大野の別府川側道は、地元地域の皆さんが生活道路として、ウオーキングや犬の散歩道として利用されているところであります。しかし、そこは日が暮れると真っ暗になり、不安の声が多くありました。そして大野町内会長から相談があり、街灯設置について市当局に働きかけました。
 当初、市当局によると、そこは別府川工事が完了した時点で、遊歩道として県が街灯設置を行うとのことだったので、暫く待っておりました。しかし、いつしかそこが遊歩道ではなく管理道扱いになっていたのです。※管理道では、市が県に許可申請し防犯灯を設置しなければなりません。

 一昨年には、別府町の事件を受けて全町内会の防犯灯設置要望の折に大野町内会から申請をしましたが、県の管轄という理由で加古川市は設置しませんでした。そうした経緯もあり、改めて、大野町内会から要望書の提出を促すと同時に一般質問の場でこれまでの経緯と現状を明らかにし、地元住民の皆さんの不安解消をすべく早急な対応を行うよう訴えたのです。

 一般質問から2ヶ月を経て、7基の防犯灯が設置されました。残りの南西部については、順次予算が付き次第設置されます。
 尚、この場所はvol.66でご報告したJR加古川線日岡駅付近の2基設置の南西部にあたり、合わせると9基の設置になります。

 設置後、地元地域の皆さんには大変喜んで頂きました。今後も地元町内会長をはじめ生活の現場の声を市政に届け、早期に実現させるようしっかり働いて参ります。

▼ 3月定例会一般質問の内容

壇上での質問

 加古川町大野を流れる別府川側道の安全対策については、以前から地元町内会からの要望で街灯設置について働きかけてきましたが、その地域の側道は、加古川町大野の用地買収が済み、工事完了時点で、遊歩道として県が街灯設置を行うとのことでした。一昨年には、別府町の事件を受けて全町内会の防犯灯設置要望の折に地元町内会から申請がありましたが、県の管轄と言う理由で加古川市は断った経緯があります。しかし、現状は遊歩道ではなく管理道扱いであり、市が県に許可申請し防犯灯を設置しなければなりません。先ほど触れた理由で一昨年は断られましたが、地元では生活道路として多くの方が利用されているにも関わらず、真っ暗で大きな不安を抱えておられるのが現状です。地元町内会から引き続き要望もあることから早急な安全対策が必要と考えますが、今後の対応についてお聞かせください。
 
建設部長の答弁(要旨)

 別府川右岸の通路は、実際には遊歩道的な利用をされていることから、県での街灯設置の予定を確認をしましたところ、街灯の整備は予定をしていないとのことでありました。
 しかしながら、以前より、関係町内会から安全を確保するために防犯灯を設置してほしいとの強い要望も出されていることから、引き続き設置へ向け、管理者である県と協議してまいります。

 ▼vol.69はこちらをクリック
 ▼「JR加古川線日岡駅付近に待望の防犯灯を設置!!」はこちらをクリック
  

daiGOGO2011
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
加古川市 相良大悟
komeikakogawa-ds@bb.banban.jp