menu
バックナンバー 2006年 8月

 8月1日は「夏の省エネ総点検の日」。日本から排出される二酸化炭素の5分の1は家庭から出ているという報告がありました。身近なことから地球を守れると思うとやりがいがでてきます。我が家も冷房の28度か除湿で、扇風機を回して涼をとるようにしています。今までは冷房のみでしたが、ちょっとの心がけと工夫で新しい効果の発見がありました。他にも工夫の仕方は沢山ありますが、できるところから挑戦し、大きな一歩を踏み出したいものです。
 ちなみに本日8月3日は45回目の誕生日でございますf(^_^;) ますます壮んにしてフットワーク軽く励んで参ります!

*** index**********************************************************

 (1)実りの第1回全国青年局長会議に出席!!
 (2)社会保障など政策研さん 夏季議員研修会に出席!!
   ━━ 告知板 ━━

==================================================================

(1)全国青年局長会議に出席!!
 
 7月21日、東京・新宿区の日本青年館で、神崎武法代表、太田昭宏幹事長代行出席のもと、第1回「全国青年局長会議」が開催され、出席しました(写真)。全国の局長を始め代表が集まり、活発な質問や意見が交わされ大変有意義な会議となりました。神崎代表から「青年局は、青年の力で政治を動かしてきた輝かしい実績がある」とありましたが、若さと情熱で全体をリードしゆく自覚を持って頑張らねば、との決意を新たにしました。
 以下、公明新聞より転載します。

 公明党は若者の味方/神崎代表が強調/「法テラス」など多彩な実績/全国青年局長会議 
  公明党は21日午後、東京・新宿区の日本青年館で、神崎武法代表、太田昭宏幹事長代行が出席して第1回「全国青年局長会議」を開催。遠山清彦青年局長(参院議員)はじめ、伊藤渉、谷口和史の両衆院議員、西田実仁、鰐淵洋子の両参院議員と、各都道府県の青年局長らが参加した。会議では、政府の若年者雇用対策などについて学習し、意見交換したほか、県青年局長の代表が活動報告を行った。
 あいさつした神崎代表は、これまで、党青年局が署名運動などを通して、若年雇用の総合サービスセンター「ジョブカフェ」の開設や、若年者の法律相談窓口「法テラス」(「ローカフェ」)の設置、首都圏での女性専用車両の導入などを実現してきたことを挙げ、「青年局は、青年の力で政治を動かし、輝かしい実績を残してきた。今後も青年が先頭に立ち、党勢拡大にまい進してもらいたい」と期待を寄せた。
 遠山局長は、今秋から導入される携帯電話の番号ポータビリティー(持ち運び)制度など、党青年局が推進し実現した青年政策を紹介した上で、「『若者の味方・公明党』を前面に出して戦っていこう」と呼び掛けた。
 また、今後の活動について、「青年フォーラム」「ユースタウンミーティング」など青年局主催のイベントを全国各地で実施することを提案した。

 ▼公明党は若者の味方 全国青年局長会議はこちら→
  
http://www.komei.or.jp/news/daily/2006/0722_04.html
 ▼主張/青年局が党勢拡大の先頭にはこちら→
  
http://www.komei.or.jp/news/daily/2006/0725_01.html

==================================================================

(2)社会保障など政策研さん 夏季議員研修会に出席!!
 
 7月30日、公明党兵庫県本部の夏季議員研修会が兵庫県三木市で盛大に開かれました。席上、公明党の坂口力副代表(前厚生労働大臣)より少子社会の対策について講演があり、人口減少社会に向けて具体的な問題点の把握や政策案について大変勉強になりました。
 以下、公明新聞より転載します。

 地域で党勢拡大の波を/社会保障など政策研さん/兵庫、東北3県で夏季議員研修会 
  公明党兵庫県本部(赤松正雄代表=衆院議員)の夏季議員研修会が30日、兵庫県三木市で活発に開かれた。これには、公明党の坂口力副代表、白浜一良(関西方面議長、参院選予定候補=大阪選挙区)、山本かなえ(同=比例区)両参院議員、赤松県代表、赤羽一嘉県副代表(衆院議員)らが出席した。

 坂口氏は、少子社会の決定的な問題点として、(1)社会保障の担い手が減り、年金、医療、介護など社会保障制度が崩れかねない(2)働く人口が減り、経済成長に悪影響を及ぼすの2点を指摘。その上で、出生率低下に対する対策として、子育て期の家族が子どもと一緒に過ごせるよう「男性を含めた働き方の見直し」や、出産・育児で一度離職した女性の再就職を支援する仕組みの構築などを強調した。

 その際、具体策として、時間外労働の割増賃金率のアップや、非正規雇用の正社員化の推進、育児休業制度の普及、児童手当や奨学金制度の一層の拡充などを挙げ、「与党・政府は、こうした施策を着実に実施に移す方針だ」と訴えた。

 これに先立ち、白浜、山本両氏は、「来年(2007年)の参院選へ向け、初心に帰って、全力で走り抜く」と決意を披歴。赤松県代表、野口裕県幹事長(県議)は、「年内の統一外選挙を完勝で飾り、来年(2007年)の統一選、参院選を大勝利するため、一人ひとりが果敢な対話運動を広げよう」と呼び掛けた。

 ▼詳細はこちら→
  
http://www.komei.or.jp/news/daily/2006/0731_02.html

==================================================================
 
┏━━━━━━
┃■ 告知板
┗━━━━━━

★8月6日地域サポート運動in日岡山公園を実施!!
 8月6日(日)、日岡山公園の清掃活動を実施します。日岡山公園駐車場9時に集合しますので、ご協力いただける方は是非お越し下さい。

daiGOGO2011
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
加古川市 相良大悟
komeikakogawa-ds@bb.banban.jp