menu
バックナンバー 2005年 3月

 ご機嫌いかがですか?
 約1ヶ月ご無沙汰しておりましたが、25日に3月定例会が閉会し、急ぎ作成、配信させていただいております。さて最近の花粉はかなり強烈ですね。相当ダメージを受けている方がおられるようですが、そんな花粉症でお悩みの方に朗報があります。今号は必見ですよ(^_^)v

*** index**********************************************************

 (1)3月定例会が閉会!!
 (2)ウイークエンド街頭を開催!!
 (3)充実の第1回政策提言コンクール発表大会!!
 (4)レンコンが花粉症に効く!?

==================================================================

(1)3月定例会が閉会!!
 
 3月1日開会の定例議会が平成17年度の予算を決議し閉会しました。議員団を代表して大西健一幹事長より、態度表明をいたしましたので、ご紹介します。

 平成17年度・予算編成につきましては、16年度と同様に厳しい編成であります。義務的経費である扶助費が増大を続け、財政の硬直化が進んでおり、今後も大幅な税収増が予測できない中、確実な課税客体の把握と共に、滞納処理につきましても税の公平性・公正性の観点から、引き続き毅然と取り組んでいただきますよう要望いたします。また行革緊急行動計画の着実な遂行はもとより、費用対効果という観点からも、事務事業の見直しを進めていただきたいと存じます。併せて職員の特勤手当をはじめとした給与制度改正、職員互助会への公費支出のあり方など、市民の納得のいく制度へ早急な改善を求めておきます
 17年度事業で最重点政策として位置付けられている、安全と安心のまちづくりの推進には、行政と地域との密接な連携が大切であります。「安全安心のまちづくりモデル地区事業」や「防犯・交通パトロール」、「防災・生活情報ネットワークシステム」や学校園の安全対策、さらには緊急の課題として、新たな浸水被害や高潮対策への備えなど、市民の生命と財産を守る観点から、積極的な取り組みを期待いたします。
 福祉医療費助成制度では、乳幼児医療費助成の3歳児未満への拡充や、新たに精神障害者を対象者に加えるなど、全般的には評価するところでありますが、今後も真の福祉社会の実現に向け、少子高齢社会への対応を、ビジョンを持って取り組んで頂きますよう求めておきます。またJR加古川駅・東加古川駅周辺整備をはじめとした基盤整備につきましても、将来への禍根を残さないために、引き続き計画的な整備を要望しておきます。
 以上、縷々申し上げましたが、市長が表明された「職員にはまちづくりへの情熱と市民からの信頼が不可欠である」との認識に立ち「行政は市民の幸せのためにある」との原点のもと、常に市民の目線に立った施策を進めていただききますよう強く要望いたしまして、平成17年度一般会計予算案に賛成いたします。 

==================================================================

(2)ウイークエンド街頭を開催!!
 
 vol.14でお知らせしました2月27日のウイークエンド街頭をJR加古川駅他で開催いたしました。
 JR加古川駅前においては、赤松正雄衆議院議員、佃助三県議会議員が弁士を行いました。
 その後、マックスバリュー石守店前で加古川市議会公明党議員団並びに私の市政報告と、党の取り組みについて強く訴えさせていただきました(写真)。寒い日にも関わらず立ち止まって真剣に聴いてくださる方や、手を振って声援を送ってくれる方と接し、決意を新たにした次第です。
 尚、次回の予定は3月30日(水)新神野Aコープ前にて16時開催予定ですのでご都合が合いましたら是非聴きに来て下さい。

==================================================================

(3)充実の第1回政策提言コンクール発表大会!!
 
 公明党兵庫県本部主催の第1回政策提言コンクール発表大会が2月27日開かれましたが、この中でわたくしども加古川市議会公明党議員団の三島俊之議員と青年議員団の芦屋市議会、田原俊彦議員がそれぞれ表彰されました。
 席上、井上政調会長(衆院議員)が、「政策提言・実現能力は政党の命だ」として、議員、党員が研さんと努力を重ね、優れた政策提言を行ったことを高く評価されていましたが、とりわけ田原議員から提言のあった「妊婦バッジ」について松あきら参議院議員が参院経済産業委員会の委嘱審査で取り上げられていたことに感銘をうけました。ネットワーク政党の真価を発揮したところでありましょう。
 松議員は、母子手帳の発給時に「妊婦バッジ」を配布している自治体などがあることについて触れ、見た目で妊婦と判別がつかない妊娠早期の女性にとっても、満員電車などでは苦痛が生じるとして、席を譲るなどの周囲からの配慮を促す妊婦バッジの重要性を強調。一方で、自治体によってバッジのデザインが異なっていることから、周囲から見分けにくいとの問題点を挙げつつ、「だれもが女性を守れる社会をめざすために、国においてデザインを統一すべきだ」と、政府の対応を求めました。
 今後も現場の声が地方から国へ届くように、このようなイベントが開催される事を期待し、私も貢献できるよう頑張って参りたいと思います。

==================================================================
 
(4)レンコンが花粉症に効く!?
 
 今年、史上最大の花粉が飛散しております。すでに花粉症の方が苦しむのはもちろんの事、今まで花粉症でなかった人も花粉の多さに今年から発症する人が出てくるほどだそうです。
 そんな方に秘密兵器登場。花粉症対策については以前「きなこ牛乳」(vol.10参照)でふれましたが、これは持続して効果が出てきます。しかし、あの「レンコン」で即効性があるというのです。TBS「スパスパ人間学!」のホームページで紹介されているのですが、「オリゴ・レンコンエキス」「レンコン綿棒」で即、効果の出た方を私は見ました。内容は転載できないので、下記のアドレスからご覧になって下さい。お悩みの方、ダメもとで試してみてはいかが・・・。

▼「これが究極!花粉症をにならない&治す最強食材!」→
 
http://www.tbs.co.jp/spaspa/2005/02/0217/0217.html

daiGOGO2011
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
加古川市 相良大悟
komeikakogawa-ds@bb.banban.jp