menu
バックナンバー 2004年 8月

 8月2日、加古川市で痛ましい事件が起こりました。昨年に引き続き凶悪な事件が加古川で起こったことは、大変残念に思えてなりません。お亡くなりになった方々にご冥福をお祈りすると共に、政治の責任もきわめて大きいと感ずるものとして責任を持って事に当たらねばならないと存じます。警察の対応のまずさが報道されていますが、政治の分野でも様々な課題があります。「住みたいまち・加古川」を目指す一人としてしっかりと着実に取り組んでいくことを改めてお誓い致します。

*** index**********************************************************

 (1)メルマガdaiGOGOが公明新聞に掲載されました!!
 (2)谷あい参議院議員から近況報告!!

==================================================================

(1)メルマガdaiGOGOが公明新聞に掲載されました!!

 8月11日付公明新聞で「daiGOGO さがら大悟のメールマガジン」についての記事が掲載されました(写真は記事切り抜き)。開始してまもなく思いもかけず取り上げて頂いたのですが、多くの配信希望のメールと共に、他地域でいろいろな取り組みをされている方からのメールも頂き、意見交換が出来ました。決意を新たにする機会ともなり、O記者をはじめとする公明新聞社の関係者の方々に感謝するものであります。

==================================================================

(2)谷あい参議院議員から近況報告!!

 谷合正明参議院議員から近況報告が届きましたのでご紹介します。

《外交防衛委員会とイラク特別委員会》〉
 私は外交防衛委員会とイラク特別委員会に所属することになりました。その他、議院運営委員会にも所属しました。議員になるまで、NGOで難民支援や人道復興支援にあたり、アンゴラ、アフガン難民キャンプ、イラク、スリランカなどで活動していましたので、自分の経験が一番活かせる委員会だと思います。憲法9条、自衛隊、イラク、北朝鮮問題など、きわめて難しい課題が山済みですが、現場で培った感覚、経験を大切にしながら、国会で正々堂々議論を尽くしていく決意です。
 上記の委員会の任命があった翌日、私は広島の平和記念公園を訪れました。公明党広島県本部所属の先輩議員とともに、慰霊碑に献花し、2度と同じ過ちを繰り返さないことを祈念してまいりました。平和資料館も1年ぶりに訪れ、一人でゆっくり時間をかけながら、館内を見学しました。59年前の夏に思いをはせ、これからの日本の外交防衛のあり方を考えました。政治家としてのスタートをどこから開始するのか、わたしは意外にこれは重要なことだと考えます。外交防衛の仕事に携わる者として、わたしは平和原点の地に戻ることを選びました。もう一度広島に戻って平和について考えなければならないと思ったからです。  (7月31日)

《8日間の臨時国会を終えて》
 7月30日から8月6日までの臨時国会。はじめての経験ばかりだったこの8日間。短い会期とはいえ、国会の仕組みが多少なりとも飲み込めました。党内の各部会(例、農林水産部会、厚生労働部会)、そして常任委員会、本会議と一連の動きのなかで、どのように法案などが決められていくのか、本当に国会という現場にいてはじめて分かることばかりでした。イラク特別委員会では先輩議員の質問を横で聞きながら、自分だったらどういう質問をすべきかなど考えました。質疑を聞いているだけで、本当に勉強になります。しかし、一方で観念的な質問、前国会で何回もやりとりしているような質問、また何をいいたいのか分からない質疑・答弁もありました。難しく複雑な問題を、だれにでも分かる言葉で、論理で示していかなければ、本当の政治家ではないと、率直に思いました。次の国会に向けて、谷あい正明、議会質問の準備をして参ります。 (8月6日)

                                                          参議院議員 谷あい正明

daiGOGO2011
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
加古川市 相良大悟
komeikakogawa-ds@bb.banban.jp