Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

意識が研ぎ澄まされた11月

令和元年11月30日(土)晴れ

昨日より議会が始まりました。

この11月も激しいスケジュールが過ぎていきました。

時間に追われる中で、特に衝撃をうけたのは、

11月7・8日に行われた「全国都市問題会議」で訪れた鹿児島県。

鹿児島県自体は初めてではありませんが、

「都市問題会議」の研修以外の空き時間を利用して

もう一つ、視察スケジュール(勉強)を入れ、

知覧まで足を運び「特攻平和会館」で歴史を学んだときのことでした。

IMG_2561

急に自分の中で「時」が止まりました。

太平洋戦争時の終末期、昭和20年3月・4月・5月・・と、

沖縄戦が激しく続きました。

この知覧平和会館に展示されていたものは

10代後半から20代の青年たちの最後の手紙(遺書)や

お一人お一人の写真、他。

IMG_2558

写真は実物の突っ込んだあとの特攻飛行機(後ろ半分がありません)

このあと、三角兵舎を再現した施設にも入りました。

ここは、「明日、特攻で人生(命)を終える」青年が最後の夜を過ごす寝床。

ほとんど皆が、布団をかぶってすすり泣いた場所。

私の中に衝撃がはしりました。

音を立てるように自分の中で何かが変わっていきました。

その「変わっていくもの」とは

「なぜ、平和が大切なのか」という激しい決意のようなものでした。

鹿児島に滞在した期間、ずっと、知覧でのことを考えるたびに涙が出てきました。

P1350573

(窓に映るのは桜島)

7・8日の研修を終えた帰りの飛行機の窓を見ながらも

また、涙が出てきました。

深く深く「平和の大切さ」「平和への決意」を自分に刻みました。

 

さて、11月最後の今日30日は、

調布市の「福祉まつり」の模様を一つ一つ見てまわりました。

IMG_2780

調布駅前・グリーンホール、そして総合福祉センターと。

IMG_2794

福祉まつりでは、多くの障がい者の方々の姿を見ました。

冬が始まろうとしている寒さにもかかわらず、

皆、すごく元気でした。活気に満ちていました。

「知覧」の前と後では、自分は物事への感じ方が少し変わったような気がします。

今日の福祉まつりで凄く感じたこと。

それは、障がい者の人たちの生命力。

何かと、健常者との比較対象となる事がありますが、

私が感じたのは、健常者よりも命が躍動している人が多いということ。

まっすぐに、正直に生きている人が多いということ。

言い換えれば、より人間らしい人が多いということ。

私は、そういう人が好きだし、尊く感じている。

素晴らしい福祉まつりの光景を見ました。

 

 

 

 

コメントは受付けていません。