Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

共同溝の冷却設備(西つつじが丘)

令和元年8月29日(木) 晴れ

9月の議会も近づいてきました。

一昨日は一般質問の通告も出しました。

今回のメインは「芸術文化スポーツ活動を育むための支援」

市内には多くの若者(未来っ子)が快挙を成し遂げ

全国大会や世界大会へと出場されています。

大会に出場するだけでも交通費など経済的に負担が大きくなります。

そういったことに対する支援を質問では求めてまいります。

 

さて、先月7月の初め、西つつじが丘1丁目に共同溝に関する

冷却装置の整備が進められることを住民の方から相談を受け知りました。

 

まずは、前段として、

つつじが丘地域には甲州街道に共同溝の建屋が見受けられます。

P1340973

この建屋はここから地下に向かって掘られ、

この位置から国領方面へと共同溝が整備されています。

この共同溝は電気と通信の共同溝で

上下水道やガスはありません。

また、外環道とも全く関係ありません。

よく聞かれるのが、この部分が外環道の通気口になるのでは?

と心配される方もいますが、共同溝の作業が終了すれば

この建屋はなくなります。

ここの場所の次は仙川3丁目付近に建屋が作られ、

そこからまた他の区間を整備されていきます。

 

さて、本題の冷却装置の整備ですが、

西つつじが丘1丁目(くら寿司の近く)に工事が進められるとのことで

近隣住民の方々がびっくりされています。

(私も知りませんでした)

まずは、7月初旬に市役所に事の事実を確認いたしました。

生産緑地の場所がその整備予定地とのことでしたが

P1340884

市は生産緑地の解除の手続きをしただけで

その他のことは関わっていないとのこと。

※条例でも市の関わりは該当しないとのこと。

 

私は、初っ端から気分が悪くなりましたが、

工事請負の東京パワーグリッド(東電の関連会社)に問い合わせ、

「急なことで住民は驚いている。どういうことなのか?」と、

事情や事の経緯を質しました。

 

先方が言われた理由としては、

共同溝の中は(電気配線)高温にはできないため、

「水を冷やし、管を伝わせ、共同溝の中の温度を

最高でも40℃以下に保たなければなりませんので」

とのことでした。

(何より高温だと人間が作業できないから)

 

次に、「なぜこのような閑静な住宅街に整備しなければならないのか?」と質し、

「他に候補地は探せないのか?」とも問いました。

 

先方の回答は、

「つつじが丘の地域が接続地点となり、

どうしても、このつつじが丘地域の中で探さなければなりません」

とのことで、

直接、地権者さんに交渉していたことが分かりました。

(すでに契約後とのことでした)

※地権者さんも苦渋の決断だったのではと推測します。

 

私は、冷却施設の騒音と景観が気になり、

「ここに整備予定のものと一番類似の設備は、他にどこに存在するのか」を伺い、

横浜市保土ヶ谷区にあるとのことで、

7月17日(水)に足を運び、現場を視察いたしました。

参院選直前の大変な日でしたが、

先方の都合もあり、一日でも早く確認しなければとの思いから現地へ向かいました。

(環状2号線沿い)

東京パワーグリッドの社員立ち合いのもと説明を受けました。

P1340741

 そこは、東電の資材置き場(電柱など)でした。

P1340735

近くに住宅もありましたが、何せ、資材置き場が広く、

その中の一部に冷却設備がありました。

P1340737

黄色でペイントした部分が西つつじが丘とほぼ同じ冷却装置になるとのこと。

西つつじが丘には、写真左側(黄色枠内)の装置に

さらに上から防音装置を設けるとのことでした。

写真右側(黄色枠内)は受水タンク。

冷却装置の音はクーラーの室外機といった感じでした。

(もちろん、一般家庭のクーラー室外機よりは大きな音でしたが)

 

私は東京パワーグリッドに言いました。

 

「西つつじが丘にお住いの方々は、あの静かな環境を好んで

あの場所を選び、お住まいになっています。

そこに、このような装置を設置することになれば、

それは驚くし、残念な思いになるのは当然です」

 

それでも、

 

「時すでに、変更がきかないのであれば、

何はともあれ、騒音は極力小さく抑えるための措置は必ずだ」

「騒音減少に向け重層に」と。

 

「景観を考え、装置むき出しでは困る。

色合いも工夫して住宅街に溶け込むような配色の工夫をすべきだ」

 

また、

 

「公園のようにはできないのか?散策できる散歩道など併設できないのか?」

「冷却装置の整備だけでなく、プラスαとしての近隣サービスを

どこまでも努力すべきだ」と意見を言いました。

 

また、

 

「火災の心配はないのか?」等々、安全面でも問いただしました。

 

その他、西つつじが丘の地に冷却装置を整備する時期はまだ先とのこと

でしたが、近々に、共同溝と同じ地下の部分で掘り進む箇所として

「くら寿司」と「トヨタ」の間の通りの地下の工事が始まるとのことでした。

P1340889

(車両の通行止めというわけではない)

 

「とにかく、ペーパー配布のお知らせでなく、

くら寿司やトヨタには直接出向いて、相手と直接会って

工事のお願いをすべきだ」と伝えました。

 

東京パワーグリッドも、一つ一つ、小さく頷きながら

私の話を聞いてくれていましたが、

何より、お住いの住民の方々の意見が一番大事です。

 

今月末(31日)には近隣住民への全体説明会が行われることになります。

もちろん、私も行きます。

 

 

 

 

コメントは受付けていません。