Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

Archive for 2017年 11月

武蔵野の森スポーツプラザ(調布)

平成29年11月26日(日) 晴れ

12月議会(第4回定例会)が近づいてまいりました。

今日は一般質問内容の組立てを考える日にあてました。

 

昨日は「武蔵野の森スポーツプラザ」のオープニングイベントに

短時間ですが様子を見に行ってきました。

IMG_4431

写真中央に写っているのがメインアリーナ。

2020オリンピックではバドミントンと近代五種のフェンシングが、

パラリンピックでは車いすバスケットボールが行われます。

P1300370

メインアリーナの中。

競技フロア4900㎡ で 6000人が観戦できます。

ここで世界各国の代表チームがプレーし、

客席には多くの外国人の姿も見られ、大声援の熱気に包まれると思うと

想像しただけで胸が熱くなる思いがいたしました。

P1300438

こちらは、サブアリーナ。

競技フロア1800㎡です。

可動式で武道場にも変化します。

P1300435

室内プール

オリンピックでは、このプールでの競技はありません。

ご覧のように観客席(数)の確保の問題もあるようです。

P1300417

サブアリーナの屋上から味の素スタジアムを眺めます。

オリパラの前年、2019年9月20日には

ラグビーワールドカップの開幕試合が行われます。

決勝戦は横浜国際総合競技場ですが、

3位決定戦は

ここ、味スタです。

もしも、日本が3位決定戦に出場できるようなことになれば

ものすごいことになるでしょうね。

ひそかに夢を見ています。

P1300416

サブアリーナの屋上は

屋上緑化に仕上げられています。

これら各施設の写真は25日に撮ったものではありませんが

これら施設を調布市内の市民も将来的には手軽に使用できるよう

行政にお願いしております。

 

さて、今回(25日)様子を見に行った目的は、

バリアフリーの実際の様子です。

国道20号線上の歩道橋から味スタやアリーナへの移動できる

「ペデストリアンデッキ」は、

建設前からずっと要望してきたことでした。

IMG_4422

サブアリーナの脇を車いすで仲良く笑顔で通行される方の姿をみて

ほっとするような思いになりました。

ただ、ペデストリアンデッキの入口付近は少し坂になっており、

IMG_4426

ここを車いすで上っていかれる方々の姿を見て

申し訳ない思いになりました。

普通に歩いていると、これぐらいなら特に気にもなりませんが

車いすの車輪を回す腕の動き(力の入れ方)を見たとき、

決して「らく」に上れるわけではないことを知りました。

また、身体だけでなく、視覚や聴覚の方々に対しても

常にその方々の側に意識を傾けながら、何でも見ていかないといけないと

改めて感じ、また反省し、学んだ一日でした。

 

 

 

 

 

修正版 調布市洪水ハザードマップ

平成29年11月17日(金) 晴れ

本日は公明党の結党記念日。

昭和39年11月17日に公明党の結党大会が開かれました。

さかのぼること、

昭和37年9月13日には公明政治連盟の第1回全国大会が開催され

「民衆とともに歩む」ことを確認。

これこそが、昔も今も、また、未来も変わらぬ公明党の精神です。

 

さて、夏以降、衆院選、秋の文化祭シーズンと続き、大忙しとなり、

3か月ほど、ブログ更新が出来ないままとなっておりました。

 

11.17  この日を選んで心新たに再開いたします。

先日、カラーユニバーサルデザイン機構(最寄り駅は秋葉原)に行ってきました。

P1320101

第2電波ビル7階に事務所があります。

実は、今月、調布市では修正版の「調布市洪水ハザードマップ」が

市内各戸配布されました。

(市報11月5日号とあわせて)

P1320186

主な更新箇所は

◎「想定最大規模降雨」 及び 「家屋倒壊等氾濫想定区域」 を反映。

◎ 「避難準備・高齢者等避難開始」  「避難勧告」  「避難指示」 の違いを詳しく解説。

◎ 垂直避難(2階以上の高所へ)と水平避難(その場を立ち退く)を説明。

◎二人以上での避難を説明。

そして、

◎カラーユニバーサルデザインでの色使いになったこと

P1320188

(CUD認証マークが入った調布市洪水ハザードマップ)

既に、調布市防災マップのほうは、カラーユニバーサルデザインです。

洪水ハザードマップはより多くの色分け(色使い)になりますが、

この色をバリアフリーにすることは大変な作業になります。

上記で紹介した「カラーユニバーサルデザイン機構」CUDOが

この作業を行ってくれました。

(もちろん、調布市から依頼されたからです)

CUD機構の担当者に一言御礼を述べてきました。

 

私も、これまで、 調布の議会で度々この色使いの配慮を求めてきております。

調布市は、このことを高い意識で取り組んでくれています。