Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

Archive for 2014年 4月

新たな保育施設が開設

4月28日(月)

ゴールデンウィーク中の平日である本日、

5月から新たに開設する「グループ型保育施設」の場所を確認に動きました。

その名は「ちいはぐ・調布南」

(住所:調布市小島町2-53-3)

すでに仙川(第八中学校の隣)と若葉(キューピーと桐朋学園の間)に開設している

株式会社チャイルド・スマイルが運営する小規模な保育園です。

対象年齢は0~2歳(定員11人)

基本保育時間は月曜~土曜・午前8時から午後7時

基本保育料は月額40000円

調布南は4月28日の夕方現在、あと、0歳児を2名受け入れられるとのことでした。

お問い合わせは、株式会社チャイルド・スマイル本部の

03-5572-6131

少し、分かりづらい場所にあるので、以下、写真とともに案内をつけます。

調布市役所の場所からの案内ですと、

総合福祉センターの前(三菱東京UFJ銀行の裏手)を右折します。

「ろうきん」のある通りを進んでいきますと、左側にあります。

一方、品川通りからの案内をいたしますと、

調布駅南の交差点を「とうきゅう」のほうへ曲がると、

左手に「モスバーガー」と「コインパーキング」があります。

「コインパーキング」と「とうきゅう」の間の道を入っていきます。

そうすると細い路地があるので、ここを右折して入っていきます。

ここを進んでいくと、「ちいはぐ調布南」に到着できます。

平成26年4月に明らかになった調布市の待機児童数は288人。

昨年度(25年度)は5つの認可保育園を開設し、力を入れた調布市でしたが、

待機児童数は更に増え、過去最高となってしまいました。

潜在している方々が予想以上に多くいらっしゃるということが判明しました。

国としては、女性の就労=労働力(人口)の確保=経済力の向上=国全体の税収UP

といきたいところでしょうが、

女性(子育てママ)が働くための環境が整わなければ、それは矛盾します。

保育施設もまだまだ足りません。また、保育士さんのお給料も低くて成り手が少ない。

公明党は、昨年度より私立保育園に勤める保育士さんのお給料を

全国平均8000円~1万円程度UPへと実績をあげましたが、

それでも、まだまだ低いのが現状。

また、保育士をめざす学生さんに160万円の修学資金の貸付とあわせ、

卒業後に保育所などで5年間働けば返済を免除する支援制度のスタートにも

公明党は大きく貢献しています。

保育士だけでなく、介護職に就かれる方々のお給料アップも深刻な問題です。

現在、公明党は山口代表を中心にこれら改善へ向け懸命に取り組んでいるところです。

私も介護職に就かれている方々を何人も存じ上げていますが、申し訳ないくらいにお給料が安い。

今後も、地方議員と国会議員の連携プレーで一日も早い処遇改善を目指します。

調布市京王線線路跡地利用

平成26年4月25日(金)

調布市内の3駅(調布・布田・国領)が地下になって早1年8か月。

調布駅前(南)は、暫定的ではありますが広場が確保され、イベントの開催もあります。

ただ、線路の跡地はアスファルトで固められ、囲いがされ封鎖されている状態です。

さて、この線路跡地や駅前広場整備に関して調布市(役所)から市民への情報発信が

きわめて乏しいのではないかと、日頃より私は感じているところです。

この京王線地下化にともなう整備を審議する機関として、

調布市議会では常任委員会の建設委員会と、中心市街地基盤整備等特別委員会の

二つの委員会があります。

予算や決算の時期(定例会)には建設委員会でもしっかり議論・審議できますが、

それ以外の時期でも必要に応じて開催するのが、中心市街地整備の特別委員会になります。

また、重要案件の報告や審議では28人の議員全員が揃って協議会が開催されます。

今日は、現状、市民の方へご報告できることを何点かお伝えしたいと思います。

現在、整備中の駅前広場(調布・国領)に将来の「駅前整備の完成図」が、まもなく設置されます。

私は一昨年前から、この完成図を早く駅前に設置すべきだと申してきました。

(市は6月~7月ころに設置予定とのこと)

布田駅前だけには既に道路沿いにちょっとした看板があります。

布田駅前の整備は今年度末(H27年3月)に完成予定です。

 

さて、写真は新宿から調布へ来ると京王線地下化の“東の端”となる国領駅の地下へ入る所です。

地上部の先には、国領駅舎が見えます。

この撮影位置は、調布警察署の裏手にあたります。

現在、議会で議論していることの一つに、このトンネル入口の上部利用があります。

ちょうど、トンネルに入っていく場所の上の部分の写真ですが、

一応、舗装されています。写真中央奥にみえるのは第五保育園です。

こういった地下の出入口部分を“端部”(PC蓋)と呼んでいます。

それでは、西側の端部(西調布駅側)を見てみましょう。

写真は調布駅を出た高尾山口行きが地下から出てきた所です。(西調布駅手前)

では、ここの地下出入口の“端部”を見てみましょう。

現在はこのような状況です。

では、最後に南側(京王多摩川方面)の“端部”を見てみましょう。

調布駅を出た橋本行きが地下から出てきました。(京王多摩川駅手前)

では地下出入口の“端部”を見てみましょう。

現在はこのような状況です。

言うまでもなく、端部のすぐ下はトンネルです。

京王線が地下に潜り、線路を取り払った跡地全体を「100」とすれば、

そのうち「15」の分を、すなわち15%の部分は、公租公課相当額とするということが

決められています。

「公租公課相当額」というのは、鉄道事業者が払わなければならない

都市計画税、固定資産税に相当する分のことで、

本来は線路を高架にした場合、高架下の空間貸付可能な面積のうち、

15%分を市(都市側)が使用できるというものです。

これは、国(1969年当時の建設省と運輸省との間で締結された協定)で定められています。

調布市は、この15%分を、先に紹介した“端部”に活用したいと提案され、

現在、議会との間で説明や議論がされている段階です。

一見、トンネルの出入口は下に向かって穴を掘ることもできないと考えられるため、

樹木も植えられないのでは?また、使途が限定されるのでは?と感じます。

また、駅と駅との中間地点として中途半端な場所となり、もっと駅に近い部分を

「公租公課相当額」である15%分にすれば良いのにと感じたりもします。

(私には分からない調布市と京王とのやりとりもあるでしょう)

一方で、仮に調布市がこの端部を買ってしまったとすれば、

トンネル出入口の損傷や、安全を確保するための維持管理コストがかかる等、

安全面や金銭面での不安がついてまわります。

また、買わない(調布市のものとしない)のであれば、取り決め後、お金の支払いを気にせず

すぐにでも活用に向けての整備を始めることができるといったメリットもあるようです。

このように、一つ一つを慎重に進めなければならないのですが、

同時にスピーディーに進めなければなりません。

最終的にはこの線路跡地整備も駅前広場整備も、2020東京オリンピックに

間に合わなければ、こんな残念なことはありません。

今後も「市民のために」何を優先すべきか、どうすれば最善なのかを懸命に考えてまいります。

布田駅

4月16日(水)晴れ・くもり

今日は公明党市議団で布田駅にて朝の挨拶に立ちました。

現在の布田駅入口は、以前に比べると国領駅方向に50~60mほど移動しました。

線路跡地は、この写真ではわかりにくいですが、左側に位置します。

この春(4月)から、布田駅利用者の自転車の数がかなり増えてきています。

朝の挨拶のあと、ぐるりと布田駅(地上)の外周を見てまわりました。

↑この写真は布田駅北側。

布田駅入口横から国領方面へと自転車が並んでいます。

暫定的に自転車駐輪場の役割を果たしていますが、そこは長蛇の列です。

この写真は、先ほどの逆方向から(国領駅側から布田駅入口方面)見ています。

この写真手前にも、かなり自転車が並んでいます。

駐輪担当でお仕事をされる“おじさん”が一生懸命に呼びかけや整列をしてくださっていました。

これは線路跡地。布田駅から国領駅方面を見ています。

今日現在、線路跡地の持ち主は京王電鉄。

跡地利用に際し、正式に調布市との協定が結ばれるまでは、囲いの中には入れません。

 

さて、布田駅前から少し南側に来ました。

この場所は、私も通った「武蔵野音楽学院」があった場所です。

写真右側の4階建てマンションの場所が学校(新校舎)でした。

地下にも2階にわたって、練習室がありました。

写真左側のシートが張られた工事中の建物の場所に旧校舎がありました。

皆、北海道から沖縄まで、全国各地から武蔵野音楽学院に学びにきていました。

それほど人気のある学校で「プロへの登竜門」がこの学校の謳い文句でした。

(ただし、学費は高かったです。当時、私は毎晩、国領のデニーズで朝まで働きました。

睡眠不足と生活費不足からくる空腹が重なり、日々の練習は過酷を極めました)

当時の 新校舎(現マンション)から少し布田駅側にはジャズ喫茶(2F)もありました。

私は、そのお店のカレースパゲティーが大好きでしたが

お金が無かったので、たま~にしか食べれませんでした。。。

今ではこの辺りも雰囲気が大きく変わりました。

ふと、当時のこと(25年前)を思い出しながら布田駅周辺を見てまわりました。

せんがわ劇場周辺の整備

国道20号線(甲州街道)を調布方面から来ると、

仙川三差路交差点の一つ手前で右折すれば、そこは、せんがわ劇場前の通りになります。

ここを右折すれば都市計画道路3・4・17と言われる道路です。

さて、この交差点の信号機については、これまで何度も調布警察に

お願いしてきたことがあります。

それは、右折が困難であるということです。

調布警察署の交通課の方にも現場に来ていただき、お訴えしました。

私は信号機に右折の→表示(時間差)を付けてもらえないか、申してきましたが、

このたび、結果として「時差式」の信号になりました。

この写真は、世田谷側から調布方面の信号機を見ています。

こちらは赤ですが、対向車線側は何秒かの間、青のままです。

信号機左に「時差式」との四角い表示が付いています。

以前は信号の変わり際に右折できる車は1台、まあ、よくて2台でした。

現在は3~4台は右折できる時間が保たれました。

 

次に、「せんがわ劇場」の表示(看板)についてです。

私はこれまで、何度となく、せんがわ劇場の入口がわかりにくいことを

当時の文教委員会でも指摘し、看板取り付けを要望してきました。

また、仙川駅からの案内(導線)をつけるべきだとも申してきました。

このたび、仙川駅を下車してからの案内表示とあわせて看板が取り付けられました。

交番前を歩いてくると、スターバックスやユニクロのお店のある交差点に来ます。

また、フラッグ(旗)も取り付けられました。

また、せんがわ劇場の建物壁には垂れ幕が。

この垂れ幕の下まで来ると、正面入口への矢印表示もあります。

とにかく、灰色のコンクリート壁のみなので、入口が分かりにくい。

ご近所にお住まいの方は分かりますが、遠くから電車に乗ってこられた方々は

入口を探して探して、やっと到着するという状況でした。

目の前の都市計画道路3・4・17号線からでも、入口が分からないという状況でした。

写真中央上に見えているのが、せんがわ劇場入口の看板です。

私がイメージしていたものとは少し違いましたが、看板が取り付けられたのは、

大きな前進といえます。

なぜなら、ここは「仙川ふれあいの家」や公設の認可保育園である「仙川保育園」

という公共施設であるにもかかわらず、看板表示一つ調布市の判断で

取り付けることができなかったからです。

この建物をデザインした某・建築事務所にお伺いをたててお許しが出ないといけないからです。

実は、京王線の地下化された調布・布田・国領3駅の駅前広場のデザインも

同じ某・建築事務所です。

良い・悪いは別にしても、

建築家のネームバリューを重視した調布市は、今後の整備に向けて

困難が待ち受けていることは必至です。

ただ、決めてしまったことは今さら取り返しがつきませんので、

ここから、利便性など一つでも二つでも良いものにしていかなければなりません。

18日には調布市の中心市街地基盤整備等特別委員会が予定されていますが、

着々と進んでいかなければ、地下化3駅の駅前広場としては最後となる調布駅前広場整備は

2020東京オリンピックに間に合わなくなってしまいます。

トランペット演奏

平成26年4月6日(日)

年に1度の「平野みつる友の会」の総会を

たづくり・くすのきホールで開催させていただきました。

皆さまに選んでいただいた議員として、

どのような仕事や活動を行ってきたのか。

あるいは、どのような実績をあげられたのかを発表・ご報告できる場でもあります。

◎詐欺の被害をなくそうと行動してきたこと。

◎入間川の氾濫被害をなくそうと行動してきたこと。

◎地域住民の方々の声に力になりたいと行動してきたこと。等々。

ただ、私(平野)だけの話では、あまりにも、つまらない会になってしまいます。

私平野の「友の会」とは「気軽な友だちの会」という感じです。

この日は、国立ミュージカルスタジオでタップダンスの講師をされている

原口かなさんが、お友だちと共にタップの披露で、総会を盛り上げてくださいました。

「さあ、平野さんもタップに挑戦してみてください!」と、

舞台中央に呼ばれ、びっくり。

手をたたきながら足でステップをとることすらできませんでした。

政治という、かたい話の場の空気を和ませてくださるためにタップダンサーが私を

舞台へ呼び、練習をさせてくれたものでした。

有難い気配りでした。

素晴らしいタップダンスの後、私自身からのご報告を兼ねた挨拶も終え、

日頃より、私(平野)を応援してくださる方々への御礼として

感謝の思いをこめてトランペットを演奏しました。

22歳まで、師匠に教えていただき技術を磨きましたが、

現在は46歳です。

「昔とった杵柄」とはいきませんが、

ディズニーより「星に願いを」を

カラオケ(管カラ)を使い、ジャズにして吹きました。

お粗末な演奏でしたが、会場の皆さんが大変喜んでくださった

ことが、嬉しかったです。

総会では、このあと、公明党・東京都副代表の高木美智代衆議院議員より

国政報告を兼ねたご挨拶をいただきました。

白血病の治療に役立つ臍帯血の搬送を長年にわたり、公明党の女性党員が担ってきたこと。

(このたび、これらを日本赤十字社が引き継ぐことになりました)

社会保障を支えるための消費税率プラス3%増収分(約5兆1000億円)の使途内訳。

2兆9500億円~約3兆円が年金の国庫負担分に充当され、

これで「年金100年安心プラン」が完結し、将来世代も安定した年金が受給できること。

1兆4500億円は現在の社会保障費の赤字を解消させること。

社会保障に「子育て」が明確に位置付づけられ、約3000億円が充てられること。

低所得者の保険料や高額医療費の軽減。

高額療養費制度の自己負担額を

現在、年収200万円から800万円がひとくくりの枠になっているものを

新たに年収350~360万円程度以下の層にも、もう一つの枠が設けられること。

そして、現在「65」の指定にとどまっている難病が

「300」まで、難病の指定が拡大されることも。

最後の話では「集団的自衛権」のこともお話いただきました。

個別的自衛権と集団的自衛権は違う。

国連憲章で認められていても、わが国には憲法9条がある。

19人の閣僚だけで決定できるような問題ではないこと。

公明党が「どこまでも慎重に。また、国民の声を伺うことが必要」と主張していること。

日本を「戦争をするような国には絶対してはならない」ことを叫んでくださいました。