Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

調布市福祉大会

10月2日(水)

第25回の調布市福祉大会がたづくり「くすのきホール」で行われました。

誰もが幸せに生きられるようにしていくこと。

これが、福祉ということかなと私は考えます。

とても大事なテーマであると思います。

と同時に、大変難しいことでもあるように感じております。

あらゆる人々の「心の成長」なくして、理想的な福祉社会はないと私は感じています。

わが国は未だかつて経験したことのない超高齢社会を迎えています。

政治的にも難しい課題が山積しております。

ともあれ、日本中の人々の「心の成長」が大事な鍵を握っているような気がします。

福祉大会のアトラクションでは、思い出深き「調布中学校吹奏楽部」のメンバーが

こころ温まる演奏を行ってくれました。

この演奏で大変素晴らしいと感じたことは、

場内にはご年配の方々の姿も多くみられる中で、

平成生まれの超若手である中学生が、昭和の時代を築かれた大先輩方に対し

懐かしく、楽しく、こころ若返る名曲を次々演奏されたことです。

お客さんが何を求めていらっしゃるのか、何が一番喜んでいただけることなのか、

今日の調布中学校の吹奏楽部のメンバーは

そのような演出ができる、聴衆の心をくみ取れる名芸術家・音楽家の集まりでした。

私は、とても嬉しく、また懐かしく、客席でその演奏を聴かせていただきました。

これぞ、福祉大会にふさわしい、「名演奏」でした!

顧問の先生、生徒のみんな、ブラボー

コメントは受付けていません。