Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

Archive for 2013年 5月

議会報告会

5月18日(土) 晴れ

本日、調布市議会“初”の28人そろっての議会報告会が午後2時より国領の「あくろす」にて開催されました。

会場は80人以上の人で埋めつくされました。

一般参加の市民の方からは厳しいご意見をいただきました。

反省し、真摯にご意見を受けとめさせていただきたいと思いました。

また、日頃より、難題を投げかけている調布市行政(職員)の方々にもご参加いただき

正直に感謝いたしました。

本日よりは、より一層、調布市民の皆さまに選んでいただいた議員として

しっかりと働いてまいります。

本日は貴重なお時間を費やし、ご参集いただきまして本当にありがとうございました。

また、あたたかい激励の内容のアンケートも頂戴させていただきました。

本当にありがとうございました。

いじめや虐待のないまち宣言

今年も5月5日「こどもの日」を迎えた。

晴れの良いお天気にも恵まれ、多くのこどもたちが家族や友だちと楽しんだことでしょう。

今から6年前、調布市に「いじめや虐待のないまち宣言」が響いた。

いじめをなくすために、都市宣言をしてもらいたい!との内容の署名は

当時、市内3万人を超える方々の賛同を得た。

6年前のこの宣言により、今や調布市では「75」に及ぶ施策(事業)が設けられている。

思い起こせば、私もこの時の署名には深い思い入れがある。

 

更にさかのぼること、2001年の成人式。

“いじめ”はこどもの世界ではびこっていても、その“責任は大人”であるとの視点から

新成人者を信頼して、いじめ撲滅のキャンペーンを行い成人者へ訴えかけることを提案した。

以来、いじめをなくすための運動は毎年のように行ってきた。

そして迎えた2007年5月5日、その運動はひとつの形となり、調布市に“宣言”が響いた。

こどもは未来の宝

その宝を守る責任は大人にあり。

 

残念ながら、昨今のニュース報道でも知られているとおり、

調布市は“宣言”までしている都市であるにもかかわらず、

はたして実体はともなっているだろうか、「否」である!

私は今後更に子どもの “人権”を “幸福”を 追求し、行動を起こしていく決意である。