子供たちの学校生活において、もっとも身近に示されるお手本は

先生の言動だ。

その言動は、新鮮であると同時に大きく心に刻まれる。

私も小学校5年生の時・・・。

宿題を忘れたのではなくて、その宿題を持ってくるのを忘れた時に、

先生は取りに帰れって言ったんだ。

みんな、薄ら笑いをしていた・・・。(僕がうそを付いているんだって

顔してた。)

走って家まで帰ったんだ、取りにさ。

そしたら、たった一言。

教師の言葉「なんだ、やっていたのか・・・。」

それはないよ・・・。

今だから

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者