以上のタイトルで朝日新聞が著名人の寄稿文で連載していたコーナーも、

今回タレントの「春名風化」さんの寄稿、「君、想像したことある?」をもって最終回となった。

余りにも印象的だったので全文を掲載します。

「ぼくは小学校6年生です。

タレントだけど普通の女の子です。

 今から書く言葉は君には届かないかもしれない。

だって、いじめてる子は、自分がいじめっ子だなんて思っていないから。

 いじめがばれた時、いじめっ子が口をそろえて「自分はいじめてない」って言うのは、

大人が言う保身のためだけじゃなく、その子の正直な気持ちじゃないかなと思います。

 ただ遊んでいるだけなんだよね。

自分より弱いおもちゃで。相手を人間だと思ってたら、いじめなんて出来ないよね。

感情のおもむくままに、醜悪なゲームであそんでいるんだもんね。

 ぼくもツイッターでよく死ねとか消えろとかブスとかウザイとか言われます。

顔が見えないから身体は傷つかないけど、匿名な分、言葉のナイフは鋭いです。

僕だけでなく、時には家族を傷つけられることもある。

涙が出ないくらい苦しくて、死にたくなる日もあります。

 けれどぼくは、僕がいくら泣こうが、本当に自殺しようが、

その人たちが何も感じないことを知っている。

いじめられた子が苦しんで、泣いて、心でも、いじめた子は変わらず

明日も笑ってご飯を食べる。

いじめは、いじめた人には「どうでもいいこと」なんです。

 いじめを止めるのは、残念ながらいじめられた子の死ではありません。

その子が死んでも、また他の子でいじめは続く。

いじめは、いじめる子に想像力を持ってもらうことでしか止まらない。

 いじめゲームをしてる君へ。

 あのね。

キモい死ねと連日ネットで言われるぼくが生まれた日、パパとママはうれしくって、

命に代えても守りたいと思って、ぼくが可愛くてすごく泣いたらしいですよ。

この子に出会うために生きてきたんだって思えるくらい幸せだったんだって。

それは、ぼくが生意気になった今でも変わらないそうですよ。

 想像してください。

君があざ笑った子がはじめて立った日、はじめて歩いた日、はじめて笑った日、

うれしくて泣いたり笑ったりした人たちの姿を。

君がキモいウザいと思った人を、世界中の誰よりも、じぶんの命にかえても、

愛している人たちのことを。

 そして、その人たちと同じように笑ったり泣いたりして君を育ててきた、

君のお父さんやお母さんが、今の君をみてどう思うのか。

 それは君のちっぽけな優越感と引き換えに失ってもいいものなのか。

いま一度、考えてみてください。」

とても感動しました。

想像力がないと人の痛みは分からない・・・本当にそのとおりです。

政治も同じです。

 

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者