Archive for 2012年 5月

今日は公明党湘南地域の街頭遊説の日。

朝の10時から逗子駅を起点に、鎌倉、藤沢、辻堂、茅ヶ崎、寒川と流しました。

私は茅ヶ崎駅北口ロータリー前で、15時30分よりの北口ロータリーで

地元議員挨拶として宣車の上に立ち演説。(緊張!)

メインの石毛さん(時期衆議院選挙の比例区南関東ブロック予定候補者)は

無理なく、自分のズムで。(大したものです!)

夜は、友人の招きで平塚のジャズコンサートへ。

 

茅ヶ崎市主催のちがさき市民大学。

平成24年度前期のテーマは、「笑いのチカラ」。

そういえば何年か前、一般質問で市民の健康増進の一つとして、積極的に「お笑い」を取り入

れたらどうか?と提案した事があったな・・・。

いやあ、100人を超す市民が分庁舎6階のコミニティホールに集まりました。

午後14時から2時間。

私は午前中に横浜の県本部に。

途中、横浜駅で電車は普通になってるは、動いたと思ったら前の電車が藤沢駅で車内トラブ

ルとかで、停車したまま動かないわで、結構苦労してコミホに入ったのは、

14時を少し過ぎていましたね。

でも講座には間に合いました!

お笑いと聞いていたから、いきなり漫才の実演でもやるのかと思ったら・・・。

大学の先生が脳の話だったり、表情の筋肉の話だったり。

これは結構大変な内容です。

来週もやるので頑張って通うぞ!

 

 

午前中に公明ちがさき5人で駅前にて防災ハンド

ブックを配布。

好評!

わずか90分で、650部を配布。

市民の方々の防災意識の高さを改めて実感す。

午後は不動産評議会に出席し各案件を審査。

識者の方も交え大変に有意義な内容と自認す。

夜は公明党の茅ヶ崎市の党員会。

200名近い党員さんの参加を見る。

有難き人々なり。

今日は早朝より香川駅にて防災ブックを配布。

いつものチラシより多くの方が取ってくれ、改めて市民の防災に対する意識の高さを感じました。

午前中は会議があり、午後より研鑽をし、夜は5月度の湘南政点

今回は私が進行役。

傍聴に滝口友美議員が来てくれました。(最後のところで初出演!)

「湘南政点5月14日」をクリックしたら見れますよ。

本日、午前10時より勤労市民会館に於いて議会報告会が開催さる。

一般市民、行政や近隣自治体の議会からおよそ50~60名の参加者あり。

2回目ともあって事前の準備は万全と思いしが、参加者の質疑は時に意表を突くもの多し。

度々面食らうも、議会と行政執行部の役割違いを心得ての質問を願いたし。

次の議会報告会は15日(水)、分庁舎6階コミュニティホールなり。

午後より市営球場にて日本女子ソフトボールリーグの試合を観戦。

日立と佐川急便。

5回まで観戦するも、母のデイサービスの迎えありて帰宅。

今日は「母の日」なるぞ。

母が作りし食事のおかげで今日の我がある。

幼き冬の時、頬を合わせてくれた母の温もりのお陰で今日の我があり。

青年期、必死に怒ってくれた母のおかげで、何とか道に踏みとどまりし今の我あり。

感謝、感謝。

 

 

別に新しく箱物を作る必要性は感じないけど、インフラへの投資は絶対必要です。

整備新幹線や高速道路、リニア新幹線、港湾などを整備するのは政府の役目。

最近では国民もそれを忘れてる。

インフラそのものへの投資が、箱モノと一緒くたにされて批判される。

相模縦貫道も、八ッ場ダムも早く作らなくては!

踏み切りの立体交差化や電線の地中化など、いずれ来るべき大震災に備える国づくりを。

「コンクリートから人の命」へ政策転換したら、一気にこの国の気分が晴れる。

あとはマスコミがもう少し賢明にならないと・・・。

今日、姉の車に同乗させてもらった時、デイサービスの車が多くて、

渋滞もあってという中、姉との会話から、

世の中には今、大きな2つの流れがあるというものを感じた。

自分も世の中も、まだその流れを受け入れられてないっていうか、

その流れ自身がもともと矛盾した流れなのかもしれないなって感じました。

一つの流れは高齢社会

もうひとつの流れはグローバル化

一方で高齢者が多くなって交通も十分な間合いが必要になっている。

でも、グローバル社会は急かされる。

立ち止まったり、休むことが許されない。

この2つの流れは、もはや止めようがない。

どこかで折り合い、合流し一つの流れにしていかないとね。

矛盾をいつまでも抱えて行く事は困難です。

どうすれば良いのか?

しっかり勉強しないと・・・。

ウスッ!

フランスの大統領選挙でサルコジが敗れ、ギリシャでは与党が過半数割れ。

株価も急落、円は再び高値に戻り。

今年に入りやや金融危機が遠のいた感があったが危機再燃!

ま、結局政治がしっかりしてないとダメだってことだな。

わが国もバブルがはじけて20余年。

その間総理は何人代わったろ・・・・。

宇野、海部、宮沢、細川、羽田、村山、橋本、小渕、森、小泉、安部、福田、

麻生、鳩山、菅、野田・・・何と16人。

平均在位は1.4年・・・。

これでは景気も良くならない。

毎年、サミットで諸外国の首脳に「始めまして。」で挨拶する日本の総理。

される方もきっと軽く見てるんじゃないのかな?

来月サミットがあるけど、やはり野田総理も「始めまして。」・・・。

政治が国民を見るのは当然だけど、もっと大事な事は国民の未来を

しっかり見据える事。

ささった棘を抜くときは痛いに決まってる。

それを、今まで痛み止めを飲ませたり、絆創膏を貼っただけで

今まで来たんだ。

早く棘を抜いて消毒液を塗ってくれ。

そうしないと益々化膿がひどくなって、取り返しがつかなくなって

しまうよ!と思うんだけどね・・・。

 

Twitter
外部リンク
サイト管理者