Archive for 2011年 4月

後半の統一地方選挙終わる。

獲得票数2.821票。

第7位。

途中、東日本大震災という未曽有の大災害あり。

更に原発事故が追い打ちをかけ、日本中が悲嘆と不安に駆られた中での、

統一選。

各人様々な思いがあったろうが、私は被災地にあり選挙もできぬ地域にエールを

送る意味も込め、いつもより激しい選挙戦を展開。

徒歩にて訴えて回る。

そして辻、辻にて街頭演説。

見てる人は見てる、聞いている人は聞いてる、それを信じて。

結果は全体の投票数が下がったにもかかわらず、前回よりも450票近く上積

み。

16位から7位に躍進。

支援者さんからの猛烈な応援に支えられ!

感謝、感謝。

これが3期目へのスタート!

実績勝負の4年間。

頑張るぞ!!

今日、当選証書の授与式。

3期目の責任と自覚を以って、決意新た。

 

 

国難の時。

今の自分に出来る事をしよう。

力いっぱい仕事をして、精一杯義援金をして、余計な電気を使わずに、決して買い溜めす

ることなく。

そして、新しいライフスタイルを模索し、普通に生活することを心がけよう。

自分の心が疲れていたら人に対して優しくできなくなるから・・・。

今の私にできる事は、自分の言葉で人を元気にする事。

だから選挙は普通にやります。

今回の前半の統一選挙は、各候補者の姿が全然見えなかった。

何をこの人はやりたいのか分からなかった。

選挙をやりたくてもやれない被災地に対して、それでは申し訳ない。

今回の天災と原発の問題で、この街をどのようにしたいのか?

ちっとも見えて来なかった。

候補者の声が聞けなかった。

後半の統一選挙ではしっかり訴えていくべきだ。

でないと市民がかわいそうだ。

そして、被災地が選挙になったら皆泊りがけで応援に行くんだ。

知り合いがいなくても、ご当地の選挙を盛り上げるんだ。

旅館に泊まって、ご当地のおいしいものを食べて、しっかりお金も落として被災した街を盛

り上げるんだ。

それが、私の夢なんだ。

だから、今の自分に出来る事をしっかりやるんだ。

 

 

昨日から、前半の統一地方選挙が始まる。

県議会議員、政令市の市議会議員選挙。

こんなに静かな選挙戦は初めて。

どの陣営も遊説車を回すのにためらいがあるのだろう。

それも当然だと思う。

東日本大震災によって未だ復旧への緒についたばかりであり、

被災地の多くの人々は家や財産、また身内を亡くしている中で呆然となっている。

そして福島の原発の問題は一進一退を繰り返し、その終息の目途がたっていない。

そういう中で被災地以外で行われる選挙・・・・。

トーンを落としての選挙戦。

ある意味仕方がない事とは思う。

しかし、今後の自治体の防災のあり方や、街づくりという観点から誰を選ぶのか?

だれに託したら良いのか?

非常に大事な選挙だ。

有権者の賢明な行動にかかっている事実。

この事を忘れてはならないだろう。

関東大震災(小田原大地震)は約85年周期。

それが13年も過ぎている。一説によると前回の関東大震災の時にエネルギーの放出が大きか

ったという説もあるが、まるで時限爆弾を抱えているようなものだ。

そして、東海地震、東南海地震、南海地震、いずれもフィリピンプレートと大陸プレートの摩擦の

エネルギーがいつ放出されるか分からない。

いずれにしても地震列島に住む、我々日本人の宿命は地震と言う天災から定期的に避ける事が出来ないと言う事実なのだ。

ゆえに、その時の備えを常に考えねばならない。

 

Twitter
外部リンク
サイト管理者