その名は「シンザン」

皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞、有馬記念を制する。

1965年の12月26日の有馬記念。

私は小学校4年生。

何故かそのレースだけは鮮明に覚えてる。(TV放送で。)

姉と一緒に観てて、すごく興奮した事を。

放送終了後、馬になった気分で姉と二人で四足になってレー

スを再現してた。

(今になって考えると、姉もかなり面白い人なんだな・・・。)

シンザンという名が恰好よくて、恰好よくて。

あれから45年。

名馬が幾多現れようとも、私の中のシンザンを超えた馬はいない。

時はまさに高度経済成長の真っただ中。

どの分野にもヒーローがいた時代。

人は無邪気に未来の明るさを信じて疑わなかった時代。

今日の、朝日新聞の一面はかなりショッキングな内容だった。

「孤族の国の私たち」というタイトル。

車の中で、アパートで孤独の中で死んでいく人

たちが増えている。

それを私も実感する。

私の知っているアパート。

全室、高齢男性の独居が占めてる。

皆、45年前は明日の未来を信じ懸命に働いていた人たちなんだろう。

「成長のツケが男性に顕著」とは、朝日新聞の文面。

やはり「男性介護者の会」を早急に立ち上げねば、と強く思う。

 

 

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者