私の政治信条は「つながり」です

人と人とのつながり、人と地域との

つながり、民と行政とのつなが

り・・・。

既に到来した少子高齢社会。

人口減による経済活動の鈍化。

歳出に占める社会保障の割合は、これからも増加の一途をたどるば

かり。

国も地方も、財政がひっ迫する一方で、「安全・安心」というスローガン

の前には「最低限必要な・・・」と言う、但し書きが添えられるようにな

でしょう。

そういう時代を生きるからこそ、私はそれぞれの「つながり」を一層強

せねばならないと思うのです。

「同じ苦労や問題」を抱える人たち、また「同じ方向」を目指す人たちが

「つながる」によって、どれだけ安心希望を得られるか・・・。

平成21年11月21日、市役所の会議室で第1回「男性介護者の情報

換会」が開催されました。(同上写真

これは私がその年の6月議会に於き、一般質問で提案したものです。

今や在宅介護の3人に1人は男性介護者だそうです。

私自身、82歳になる要介護3の母を在宅で介護し7年になります。

男性は育児も家事の経験もなく、また近隣や地域との関係も薄く、愚

痴を言えない傾向が強いので、どうしても内にこもりがちになります。

簡単に言えば男は孤独なのです・・・。

「男性介護者の情報交換会」に集った市内20数名の方々・・・。

皆さん、一番に感じた事は「介護で苦労しているのは俺一人で

な いんだ。同じような仲間が多勢いるんだ。」という安心感だっ

たそうです。

この会合は今後も定期的に開催し、参加者同士の自主的なネットワー

ク作りが出来ればと考えています。

「安全・安心」は、単にお金をかければ良いと言うものではないのです。

むしろ、いかに「つながり」仕組み作り考えるかが重要ではない

しょうか。

この「つながり」というものを、茅ヶ崎でいかに増やし育てていくか?

そして、それをにしていく。

だって「責任ある政治とは結果を出す事!」ですから。

これが今の自分に課せられた、大きな課題だと思っています。

※ご意見は✉y.nakao30@jcom.home.ne.jpまで。

コメント投稿

Twitter
外部リンク
サイト管理者